セッション

シンポジウム
[座長のことば]
 団塊の世代が75歳以上の後期高齢者になり、高齢者人口が約3,500万人となる2025年に向けて、病院を取り巻く状況は急速に変化している。急性期から亜急性期、回復期等まで患者が状態に見合った病床で、その状態にふさわしい医療を受けられる医療提供体制となり、介護ニーズと医療ニーズを併せ持つ高齢者を地域で確実にささえていくための地域包括ケアシステム構築にむけて舵は取られている。
 「入院医療・外来医療を含めた医療機関の機能分化・強化と連携、在宅医療の充実」という国の医療政策の方向に対し、国立病院機構病院、国立高度専門医療研究センターはどのように関わり、国民の医療の向上という使命を果たしていくのか。国立病院が持っている資源や特色を活かして、社会に貢献していくためには、地域医療計画を策定する地方自治体や他の医療機関等と密に連携しつつ、地域の中で自ら担うべき役割を踏まえ、医療の質の向上と不断の経営改善という構造改革に取り組むことが期待されている。
 本シンポジウムではまず、現在の国全体の病床の状況等を踏まえての医療政策の見通しについて保険局医療課長に基調講演していただく。その後で都会型高度急性期病院としての将来ビジョン、国立病院機構に期待されているセーフティーネット機能+郊外型基幹病院としての機能をどう構築していくかの取り組みを紹介していただく。その上で国立病院機構の経営環境を踏まえた支援体制を提示しつつ、医療現場の意見を交えて、2025年の医療の未来像と国立医療機関の役割を論じたい。
詳細検索