セッション

<企画概要>
「日本人のがんに罹患した時に大切にしたいこと」の調査で多くの患者が「主治医及び看護師との良好な関係」を望んでいるように、日本では治療している病院や医療者への依存度が高い。そのためがん治療病院から他病院への紹介、特に緩和ケア病棟への紹介で、患者とその家族に対して「見捨てられ感」が生じる。この「見捨てられ感」を与えずいかに円滑にがん治療病院から緩和ケア病棟へ移行するかのポイントを治療病院側、緩和ケア病棟側から提示していただき、また最近の遺族調査による「見捨てられ感」の研究結果について解説していただく。
詳細検索