セッション

<企画概要>
上皮成長因子受容体(EGFR)チロシンリン酸化阻害薬の開発とともにEGFR遺伝子変異陽性肺癌の治療戦略は劇的に変化した。活性型EGFR遺伝子変異を有する非小細胞肺癌にEGFRチロシンリン酸化阻害薬はすでに不可欠であると言える。さらに第三世代上皮成長因子受容体(EGFR)阻害薬が加わり、EGFR遺伝子変異陽性肺癌診療は新たな展開をみせている。本セッションでは各種EGFR阻害薬の使い分け、耐性克服、新たな戦略について議論を行う。
Sponsored by Princess Takamatsu Cancer Research Fund English Session
詳細検索