セッション

<企画概要>
転移性骨腫瘍に関しては、ビスフォスフォネート製剤やデノスマブの登場、さらにはradium-223が本邦でも投与可能となった。本企画では、様々治療法の進歩により、どのような場合には全身治療を優先し、どのような場合には骨の局所治療を優先すべきかといった観点から肺がん、乳がん、前立腺がんの骨転移における最新の治療戦略をお示しいただき、共通点や相違点を明らかにする。
詳細検索