セッション

<企画概要>
文科省の「がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン」が、この5年間実施され、大きな成果を上げてきた。多職種連携や地域との連携などは、当プログラムの特異的な点である。また、緩和医療、放射線治療など新たに多くの講座が開設された。一方で、新たながん診療上の課題も浮かび上がってきている。次の5年も申請中であるが、この機会にこれまでの到達点を確認して、さらなる飛躍につなげる必要がある。
詳細検索