セッション

<企画概要>
超高齢者会を迎えた我が国では、循環器系疾患を併存するがん患者が増加している。また、がんの進行によりリスクが高まる血栓塞栓症などの循環器系合併症や、開発が急速に進むがん分子標的治療薬、とりわけ血管新生阻害作用を有する治療薬による高血圧症、血栓塞栓症、QT延長、心機能障害などの循環器系有害事象が日常診療で顕在化している。この日本臨床腫瘍学会と日本循環器学会による初めての合同シンポジウムでは、腫瘍内科医と循環器内科医のそれぞれの立場からCardio-oncology、Onco-cardiologyの重要性を示し、ライフステージにフィットするより良いがん癌治療を目指して両者のさらなる連携を探る。
詳細検索