セッション

<企画概要>
肝がん治療ガイドラインでは、進行肝細胞がんに対する唯一の推奨治療はソラフェニブであるが、従来我が国においてスタンダードであった動注化学療法も広く用いられている。また、粒子線治療の普及や新規薬剤の開発により、進行肝細胞がんを取り巻く環境は劇的に変化しようとしている。本シンポジウムでは現段階での治療の選択に加え、開発中の治療法を含めて、これからの進行肝細胞がんに対する治療について議論を行う。
詳細検索