セッション

<企画概要>
ゲノム研究の進歩は疾患原因遺伝子や治療標的分子の同定等に成果を上げてきた。次世代シーケンサーの普及により網羅的遺伝子解析を取り入れた診療が現実味を帯びてくる一方で、多遺伝子異常を検出する診断キットの診療への導入は欧米に比して日本では立ち後れている。ゲノム情報に基づく保険医療の実現には、検査の品質管理・保証、生命倫理、人材育成、保険診療下の実施等、多くの問題が想定される。これらの解決策を議論したい。
詳細検索