セッション

<企画概要>
日本は少子高齢化が急速に進んでおり、がんの罹患率も増加している。今後さらにがん患者の高齢化が見込まれる中、合併症を有するがん患者の増加も予想される。日常診療では、各科と連携しながら治療に当たっているが、各合併症の問題点、注意すべきがん薬物療法、治療戦略など、エビデンスに基づいた治療の充実が求められている。本シンポジウムでは、それぞれの専門家の立場から知識・経験を伺い、参加者と共有する機会としたい。
詳細検索