セッション

<企画概要>
高齢がん患者は個体間の差が大きい集団であり、暦年齢やECOG PSだけでリスクアセスメントを評価することは不十分である。社会サポートや経済状態、精神状態なども重要であり、いくつかのスクリーニングツールや、副作用発生リスク予測ツールが存在する。実際の使用経験を含め、各職種から見た高齢者化学療法におけるリスクアセスメント方法について議論し、理解を深める。
詳細検索