セッション

<企画概要>
高齢者を対象とした臨床研究では、対象の定義(適格規準や除外基準など)、研究のデザインなど解決すべき問題が多い。また、非高齢者で確立している標準治療を一般化するにあたり実地診療上の注意も必要である。国際老年腫瘍学会は高齢者機能評価などのアセスメントを推奨しているが、実地診療での活用については工夫が必要である。国内外の臨床研究を主導している研究者から現状の課題と今後の展望について議論していただく。
Sponsored by Princess Takamatsu Cancer Research Fund English Session
詳細検索