セッション

<企画概要>
近年免疫チェックポイント療法が悪性黒色腫、肺癌、腎細胞癌など様々ながん腫で高い効果を示している。その効果予測バイオマーカーとしてPD-L1の免疫染色が行われているが、臨床効果予測因子は完全には解明されておらず現在研究が続いている。当セッションではPD-1発見から治療への応用や臨床研究やバイオマーカー研究をレビューし、次世代のがん免疫療法を探る。
Sponsored by Princess Takamatsu Cancer Research Fund English Session
詳細検索