セッション

<企画概要>
免疫チェックポイント阻害薬の開発・上市に伴い、多くのの患者に投与され始めた。臨床試験の結果から従来の標準的治療薬を上回る治療成績を有すると共に、副作用についても頻度が低いことが示されてきた。一方で、これまで経験したことのない様々な免疫関連有害事象が発生し、死亡例も少なからず見られることもあり、副作用への監視と適正使用に注目が集まっている。本シンポジウムにおいては、各種領域の副作用について専門家の知識・経験を伺うと共に、どのような対策をとるべか、議論を深める。
詳細検索