田中 宏和 (Hirokazu Tanaka)

著者

2017-10-21

関西ミエローマフォーラムに登録された多発性骨髄腫患者に対するKRD療法の治療効果の後方視的解析

Hodgkin variant of Richter syndromeに対してBR療法が著効した一例

2017-10-22

KMFに登録された多発性骨髄腫患者における幹細胞採取不良の後方視的解析

症候性多発性骨髄腫に対する自家末梢血幹細胞移植後の地固め療法および維持療法の有用性

プラトーは既治療多発性骨髄腫に対するレナリドミド治療の予後因子である

超高齢(80才以上)症候性多発性骨髄腫に対する治療成績:KMFにおける後方視的解析

新規診断の輸血依存低リスク骨髄異形成症候群における鉄負荷に対するdeferasirox治療の実態と有用性

詳細検索