セッション

膵癌診療においては,切除のみならず化学療法や放射線療法を組み合わせた集学的治療が選択されることが多い.Borderline resectable(BR)症例に対する術前化学・放射線療法は標準的治療として広く認知されているが,切除可能膵癌に対する術前治療の有効性については未だ明らにされていない.しかし,本邦では,切除可能膵癌に対する術前 GS 療法の手術先行に対する優位性を検証するランダム化比較試験(Prep-02/JSAP-05)の症例集積が既に終了しており,本試験の結果の解析が待たれる.本セッションでは,対象を BR を含めない切除可能症例に限定し,各施設で取り組んでいる術前治療とその外科治療成績を提示していただき,今後の治療のコンセンサス構築に向けて議論を深めたい.
Spoken in English

切除企図膵癌に対するGS療法による術前化学療法

[演者] 元井 冬彦:1
[著者] 海野 倫明:1
1:東北大学大学院 消化器外科学

Resectable膵癌に対するgemcitabine併用術前化学放射線療法

[演者] 高橋 秀典:1
[著者] 秋田 裕史:1, 小林 省吾:1, 友國 晃:1, 杉村 啓二郎:1, 文 正浩:1, 大森 健:1, 安井 昌義:1, 宮田 博志:1, 左近 賢人:1
1:地方独立行政法人 大阪府立病院機構 大阪国際がんセンター 消化器外科

切除可能膵癌に対する集学的治療における術前治療の重要性

[演者] 長井 美奈子:1
[著者] 赤堀 宇広:1, 木下 正一:1, 中村 広太:1, 山田 高嗣:1, 野見 武男:1, 北東 大督:1, 安田 里司:1, 金廣 裕道:1, 庄 雅之:1
1:奈良県立医科大学附属病院 消化器・小児外科・乳腺外科

切除可能膵癌に対する予後改善を目指した治療戦略

[演者] 蔵原 弘:1
[著者] 前村 公成:1, 又木 雄弘:1, 迫田 雅彦:1, 飯野 聡:1, 川崎 洋太:1, 橋口 真征:1, 上野 真一:2, 新地 洋之:3, 夏越 祥次:1
1:鹿児島大学大学院 消化器・乳腺甲状腺外科学, 2:鹿児島大学大学院 臨床腫瘍学, 3:鹿児島大学大学院 保健学科

切除可能膵癌における術前化学放射線療法の有用性

[演者] 遠藤 泰:1
[著者] 北郷 実:1, 板野 理:1, 篠田 昌宏:1, 日比 泰造:1, 阿部 雄太:1, 八木 洋:1, 中野 容:1, 北川 雄光:1
1:慶應義塾大学医学部 一般・消化器外科

切除可能膵癌の治療成績向上を目指して ~GEM+S-1による術前化学療法は短期治療成績を向上させる~

[演者] 田中 智和:1
[著者] 井手 貴雄:1, 上田 純二:1, 能城 浩和:1
1:佐賀大学附属病院 一般・消化器外科

切除可能膵頭部癌における術前化学放射線療法の有用性に関する検討―PSM法による2施設共同研究の解析より―

[演者] 森本 大士:1
[著者] 藤井 努:1, 里井 壯平:2, 山田 豪:1, 室谷 健太:3, 柳本 泰明:2, 高見 秀樹:1, 山本 智久:2, 權 雅憲:2, 小寺 泰弘:1
1:名古屋大学大学院, 2:関西医科大学医学部 外科学, 3:愛知医科大学医学部

切除可能膵癌に対する術前治療の臨床的意義-術前化学放射線療法群とup-front surgery群の比較-

[演者] 村田 泰洋:1
[著者] 早崎 碧泉:1, 加藤 宏之:1, 種村 彰洋:1, 栗山 直久:1, 岸和田 昌之:1, 水野 修吾:1, 臼井 正信:1, 櫻井 洋至:1, 伊佐地 秀司:1
1:三重大学大学院 肝胆膵・移植外科学

切除可能膵癌に対する術前短期間化学放射線療法の意義

[演者] 岡野 圭一:1
[著者] 須藤 広誠:1, 大島 稔:1, 前田 詠理:1, 安藤 恭久:1, 浅野 栄介:1, 岸野 貴賢:1, 藤原 理朗:1, 臼杵 尚志:1, 鈴木 康之:1
1:香川大学附属病院 消化器外科

切除可能膵癌に対する術前重粒子線治療

[演者] 山田 滋:1
[著者] 川城 壮平:1, 磯崎 由佳:1, 鎌田 正:1, 宮崎 勝:2
1:重粒子医科学センター病院, 2:国際医療福祉大学三田病院 外科・消化器センター

詳細検索