セッション

これまで,肝門部領域に及ぶ胆内胆管癌の治療に関して,術式や周術期の化学療法などについて様々な議論が行われてきたが,リンパ節郭清の適否やその程度,周術期の化学療法のプロトコールなどが施設間で大きく異なっているため,未だに治療のコンセンサスを見いだせずにいる.肝門部領域に及ぶ肝内胆管癌は予後不良とされるが,その理由として,外科治療のみではリンパ節転移の制御が困難なことや Key drug と言える抗がん薬がないことなどが挙げられる.本セッションでは,予後不良な肝内胆管癌に対する臨床応用可能なトランスレーショナルリサーチや正確な予後予測,リンパ節転移に対する外科治療のあり方,有望な化学療法のプロトコールや集学的治療などについて,各施設の取り組みを示していただき,治療のコンセンサス構築に向けて議論を深めたい.

非切除症例の治療成績より肝内胆管癌の切除適応を考える

[演者] 末岡 英明:1
[著者] 波多野 悦朗:1, 麻野 泰包:1, 岡田 敏弘:1, 宇山 直樹:1, 鈴村 和大:1, 裵 正寛:1, 中村 育夫:1, 近藤 祐一:1, 藤元 治朗:1
1:兵庫医科大学医学部 肝・胆・膵外科

腫瘤形成型胆管細胞癌における炎症因子と予後,炎症指標としてのFDG-PETの有用性に関する検討

[演者] 渡辺 亮:1
[著者] 新木 健一郎:1, 久保 憲生:1, 五十嵐 隆通:1, 塚越 真梨子:1, 石井 範洋:1, 山中 崇弘:1, 吉住 朋晴:3, 桑野 博行:2, 調 憲:1
1:群馬大学大学院肝胆膵外科学, 2:群馬大学大学院 病態総合外科学, 3:九州大学大学院 消化器・総合外科学

肝内胆管癌に対する治療戦略

[演者] 安近 健太郎:1
[著者] 福光 剣:1, 石井 隆道:1, 瀬尾 智:1, 田浦 康二朗:1, 岡島 英明:1, 海道 利実:1, 上本 伸二:1
1:京都大学肝胆膵移植外科

腫瘤形成型肝内胆管癌,リンパ節郭清症例選択に関する肝門部周囲領域の考案

[演者] 後藤田 直人:1
[著者] 杉本 元一:1, 高橋 進一郎:1, 小西 大:1
1:国立がん研究センター東病院 肝胆膵外科

病理組織像から見た肝内胆管癌の分類及び画像的特徴の検討

[演者] 秋田 真之:1,2
[著者] 全 陽:2, 味木 徹夫:1, 松本 拓:1, 篠崎 健太:1, 浅利 貞毅:1, 外山 博近:1, 木戸 正浩:1, 福本 巧:1, 具 英成:1
1:神戸大学大学院 肝胆膵外科学, 2:神戸大学大学院 病理診断科

肝門部胆管浸潤した腫瘤形成型肝内胆管癌を含む肝門部領域胆管癌の概念は臨床的に妥当か?

[演者] 江畑 智希:1
[著者] 水野 隆史:1, 菅原 元:1, 伊神 剛:1, 横山 幸浩:1, 國料 俊男:1, 深谷 昌秀:1, 上原 圭介:1, 山口 淳平:1, 梛野 正人:1
1:名古屋大学大学院 腫瘍外科学

肝切除と術後補助療法は肝内胆管癌の予後を改善する

[演者] 有泉 俊一:1
[著者] 小寺 由人:1, 山下 信吾:1, 大森 亜紀子:1, 樋口 亮太:1, 谷澤 武久:1, 植村 修一郎:1, 片桐 聡:1, 江川 裕人:1, 山本 雅一:1
1:東京女子医科大学病院 消化器外科

肝内胆管癌の占拠部位,肉眼型からみた外科治療成績と今後の治療戦略

[演者] 島田 和明:1
[著者] 江崎 稔:1, 岸 庸二:1, 奈良 聡:1
1:国立がん研究センター中央病院 肝胆膵外科

詳細検索