セッション

近年,分子標的治療薬などの新規抗腫瘍薬の登場により大腸癌の治療成績は向上し,生命予後は飛躍的に改善された.切除不能大腸癌肝転移に対しても化学療法により Conversion が得られる症例が増加し,比較的良好な成績が報告されるようになったが,このような症例の肝切除後の再発率は依然として高い.本セッションでは,大腸癌肝転移症例の転移時期(同時性・異時性)や転移形態,肝切除術式,術前・術後化学療法の有無とそのレジメン,Biological behavior など,様々な要素を解析した上で,大腸癌肝転移のさらなる治療成績向上に向けた治療戦略を提示していただきたい.
Spoken in English

大腸癌肝転移治癒切除例における再発および生存に関する危険因子の検討

[演者] 松本 寛:1
[著者] 山口 達郎:1, 中野 大輔:1, 河村 英恭:1, 高雄 美里:1, 夏目 壮一郎:1, 本田 五郎:1, 高橋 慶一:1
1:がん・感染症センター都立駒込病院 外科

大腸癌肝転移治療におけるmultidisciplinary approachの重要性:肝臓外科医の立場から

[演者] 進藤 潤一:1
[著者] 西岡 裕次郎:1, 富沢 賢治:1, 花岡 裕:1, 戸田 重夫:1, 森山 仁:1, 的場 周一郎:1, 黒柳 洋弥:1, 橋本 雅司:1
1:虎の門病院 消化器外科

大腸癌肝転移に対する肝切除の術前化学療法の功罪―Propensity Score Matchingでの評価と肝転移個数の影響

[演者] 高本 健史:1
[著者] 市田 晃彦:1, 阿部 勇人:1, 吉田 直樹:1, 島田 恵:1, 宮崎 晃行:1, 丸山 嘉一:1, 橋本 拓哉:1, 幕内 雅敏:1
1:日本赤十字社医療センター 肝胆膵外科

大腸がん肝転移切除後残肝再発に対する,化学療法もしくは経過観察後の再肝切除の意義

[演者] 岸 庸二:1
[著者] 奈良 聡:1, 岩崎 寿光:1, 江﨑 稔:1, 島田 和明:1
1:国立がん研究センター中央病院 肝胆膵外科

大腸癌肝転移に対する複数回肝切除の短期および長期成績

[演者] 伊藤 貴明:1
[著者] 杉浦 禎一:1, 岡村 行泰:1, 山本 有祐:1, 蘆田 良:1, 絹笠 祐介:2, 坂東 悦郎:2, 寺島 雅典:2, 上坂 克彦:1
1:静岡県立静岡がんセンター 肝・胆・膵外科, 2:静岡県立静岡がんセンター 消化器外科

切除不能肝転移に対する特殊術式を用いた切除戦略

[演者] 田中 邦哉:1
[著者] 笠原 康平:1, 菊地 祐太郎:1, 川口 大輔:1, 村上 崇:1, 廣島 幸彦:1, 松尾 憲一:1, 遠藤 格:2, 山崎 一人:3
1:帝京大学ちば総合医療センター 外科, 2:横浜市立大学附属病院 消化器・肝移植外科, 3:帝京大学ちば総合医療センター 病理部

大腸癌多発肝転移におけるRAS/RAF変異の意義 ~生物学的悪性度から術前化学療法適応を見極める~

[演者] 楳田 祐三:1
[著者] 八木 孝仁:1, 永坂 岳司:1, 吉田 龍一:1, 信岡 大輔:1, 母里 淑子:1, 杭瀬 崇:1, 高木 弘誠:1, 河合 毅:1, 藤原 俊義:1
1:岡山大学大学院 消化器外科学

Liquid biopsyを用いた大腸癌肝転移に対する治療戦略

[演者] 山田 岳史:1
[著者] 高橋 吾郎:1, 岩井 拓磨:1, 武田 幸樹:1, 小泉 岐博:1, 進士 誠一:1, 松田 明久:2, 横山 康行:1, 原 敬介:1, 内田 英二:1
1:日本医科大学付属病院 消化器外科, 2:日本医科大学千葉北総病院 外科

詳細検索