セッション

食道胃接合部癌は食道癌・胃癌の境界領域であり,至適な治療方針は食道癌・胃癌どちらの診療ガイドラインでも明確に規定されておらず,アプローチ法も開胸/経裂孔、胸腔鏡/腹腔鏡など,複数の選択肢がある.近年,胃癌学会と食道学会合同のワーキンググループによる全国調査の結果に基づいて,郭清リンパ節範囲が暫定アルゴリズムとして示されたが,上中縦隔郭清の意義など不明な点も多い.本セッションでは,各施設の食道胃接合部癌に対する治療方針や手術手技・治療成績を提示していただき,至適な外科的治療戦略に関する議論を深めたい.
Spoken in English

食道胃接合部腺癌に対するリンパ節転移からみた至的リンパ節郭清領域と術式の検討

[演者] 成宮 孝祐:1
[著者] 工藤 健司:1, 矢川 陽介:1, 前田 新介:1, 豊島 幸憲:1, 井上 雄史:1, 碇 直樹:1, 谷口 清章:1, 大杉 治司:1, 山本 雅一:1
1:東京女子医科大学病院 消化器外科

食道胃接合部腺癌の至適リンパ節郭清範囲:全国調査結果から

[演者] 山下 裕玄:1
[著者] 瀬戸 泰之:1, 佐野 武:2, 幕内 博康:3, 安藤 暢敏:4, 笹子 三津留:5
1:東京大学大学院 消化管外科学, 2:がん研究会有明病院 消化器外科, 3:東海大学付属八王子病院 外科, 4:国際親善総合病院 外科, 5:兵庫医科大学病院 集学的腫瘍外科学

再発形式から見たSiewert TypeⅡ 食道胃接合部腺癌の治療戦略の検討

[演者] 杉田 静紀:1
[著者] 木下 敬弘:1, 海藤 章郎:1, 砂川 秀樹:1, 渡邊 将広:1, 寺田 参省:1, 大幸 宏幸:2, 藤田 武郎:2
1:国立がん研究センター東病院 胃外科, 2:国立がん研究センター東病院 食道外科

食道胃接合部癌のリンパ節転移分布からみた至適術式の検討

[演者] 酒井 真:1
[著者] 緒方 杏一:1, 栗山 健吾:1, 吉田 知典:1, 熊倉 裕二:1, 本城 裕章:1, 横堀 武彦:2, 宗田 真:1, 宮崎 達也:1, 桑野 博行:1
1:群馬大学大学院 病態総合外科学, 2:群馬大学大学院 病態腫瘍薬理学

食道胃接合部腺癌の臨床病理学的特徴と至適リンパ節郭清範囲

[演者] 齊藤 博昭:1
[著者] 河野 友輔:1, 村上 裕樹:1, 黒田 博彦:1, 松永 知之:1, 福本 陽二:1, 尾崎 知博:1, 前田 佳彦:1, 蘆田 啓吾:1, 藤原 義之:1
1:鳥取大学医学部 病態制御外科学

食道切除例からみた食道胃接合部腺癌縦隔リンパ節転移

[演者] 峯 真司:1
[著者] 渡邊 雅之:1, 熊谷 厚志:1, 布部 創也:1, 井田 智:1, 秋吉 高志:1, 高橋 祐:1, 齋浦 明夫:1, 比企 直樹:1, 佐野 武:1
1:がん研究会有明病院 消化器外科

Siewert type II 食道胃接合部腺癌に対する至適郭清範囲と術式の選択

[演者] 由良 昌大:1
[著者] 竹内 裕也:1, 中村 理恵子:1, 須田 康一:1, 和田 則仁:1, 川久保 博文:1, 北川 雄光:1
1:慶應義塾大学医学部 一般・消化器外科

食道胃接合部癌125例から導かれる最適な術式 根治性と術後QOLの併存を求めて

[演者] 野間 和広:1
[著者] 白川 靖博:1, 河本 慧:1, 松三 雄騎:1, 前田 直見:1, 二宮 卓之:1, 田辺 俊介:1, 西崎 正彦:1, 香川 俊輔:1, 藤原 俊義:1
1:岡山大学大学院 消化器外科学

食道腺癌における上中縦隔リンパ節転移の術前予測因子に関する検討

[演者] 小熊 潤也:1
[著者] 小澤 壯治:1, 数野 暁人:1, 新田 美穂:1, 二宮 大和:1, 貞廣 荘太郎:1, 中郡 聡夫:1
1:東海大学医学部 消化器外科学

詳細検索