セッション

近年,腹腔鏡下幽門側胃切除術は手術手技の定型化により広く普及し,ガイドライン第4版では cStage I に対する新たな手術療法の選択肢として取り上げられた.一方,胃上部癌に対する腹腔鏡下手術では,リンパ節郭清法は十分に定型化されているとは言い難く,再建法に関しても標準手法がなく,施設ごとに異なる再建手技が行われている.そのため胃上部癌に対する腹腔鏡下手術の導入施設は増加傾向にあるものの,普及するというレベルには至っていない.本セッションでは,胃上部癌に対する腹腔鏡下手術における郭清・再建方法に関して各施設の工夫と手術成績を発表していただき,今後の定型化に向けた議論を期待したい.
Spoken in English 動画発表が主なセッション

当科における胃上部癌に対する腹腔鏡下手術の郭清と再建の定型化

[演者] 小嶋 一幸:1
[著者] 谷岡 利朗:1, 奥野 圭祐:1, 五木田 憲太朗:1, 中川 正敏:1, 井ノ口 幹人:1
1:東京医科歯科大学附属病院 胃外科

腹腔鏡下胃全摘における定型化された郭清・再建手技

[演者] 木下 敬弘:1
[著者] 徳永 正則:1, 海藤 章郎:1, 渡邊 将広:1, 杉田 静紀:1, 登内 晶子:1, 阿部 郁:1, 佐藤 玲央:1, 砂川 秀樹:1
1:国立がん研究センター東病院 胃外科

胃上部胃癌に対する脾動脈周囲リンパ節の郭清の工夫と観音開き法再建

[演者] 布部 創也:1
[著者] 井田 智:1, 熊谷 厚志:1, 比企 直樹:1, 大橋 学:1, 峯 真司:1, 渡邊 雅之:1, 斎浦 明夫:1, 佐野 武:1
1:がん研究会有明病院 消化器外科

当院での腹腔鏡下胃全摘術における脾温存脾動脈周囲リンパ節郭清・再建手技とその短期成績

[演者] 稲葉 一樹:1
[著者] 中内 雅也:1, 中村 謙一:1, 古田 晋平:1, 柴崎 晋:1, 菊地 健司:1, 中村 哲也:1, 角谷 慎一:1, 石田 善敬:1, 宇山 一朗:1
1:藤田保健衛生大学病院 外科

胃上部癌における腹腔鏡下胃全摘術の郭清・再建手技の定型化と創意工夫

[演者] 小松 周平:1
[著者] 市川 大輔:1, 小菅 敏幸:1, 岡本 和真:1, 小西 博貴:1, 塩崎 敦:1, 生駒 久視:1, 中西 正芳:1, 藤原 斉:1, 大辻 英吾:1
1:京都府立医科大学附属病院 消化器外科

進行胃癌に対する腹腔鏡下胃全摘:脾門部リンパ節郭清の適応と手技の工夫

[演者] 須田 康一:1,2
[著者] 中内 雅也:2, 宇山 一朗:2, 北川 雄光:1
1:慶應義塾大学医学部 腫瘍センター, 2:藤田保健衛生大学病院 外科

胃上部癌に対する腹腔鏡下胃切除術 -fusion fasciaを意識した脾動脈幹郭清と新規縫合糸を用いた消化管吻合-

[演者] 李 相雄:1
[著者] 河合 英:1, 田代 圭太郎:1, 革島 悟史:1, 田中 亮:1, 本田 浩太郎:1, 内山 和久:1
1:大阪医科大学附属病院 消化器外科

当院における腹腔鏡下胃全摘・噴門側胃切除術手技と短期成績

[演者] 幕内 梨恵:1
[著者] 入野 誠之:1, 徳永 正則:1, 谷澤 豊:1, 坂東 悦郎:1, 川村 泰一:1, 絹笠 祐介:2, 杉浦 禎一:3, 上坂 克彦:3, 寺島 雅典:1
1:静岡県立静岡がんセンター 胃外科, 2:静岡県立静岡がんセンター 大腸外科, 3:静岡県立静岡がんセンター 肝・胆・膵外科

胃上部癌に対する腹腔鏡下胃全摘・噴門側胃切除~郭清と再建の定型化と成績~

[演者] 稲木 紀幸:1
[著者] 辻 敏克:1, 山本 大輔:1, 北村 祥貴:1, 黒川 勝:1, 伴登 宏行:1, 山田 哲司:1
1:石川県立中央病院 消化器外科

胃上部早期胃癌に対する逆流防止弁形成食道残胃吻合(観音開き法)再建の定型化

[演者] 西崎 正彦:1
[著者] 黒田 新士:1, 菊地 覚次:1, 野間 和広:1, 垣内 慶彦:1, 田邊 俊介:1, 香川 俊輔:1, 白川 靖博:1, 藤原 俊義:1
1:岡山大学大学院 消化器外科学

詳細検索