セッション

本邦における進行食道癌に対する標準術式は,開胸開腹食道切除再建,3領域郭清であり,様々な補助療法による治療成績の向上が試みられてきた.現在では JCOG 9907 試験の結果より,術前 FP 療法後の手術が標準治療とされている.さらに現在,術前 FP 療法,術前 DCF 療法,術前化学放射線療法の比較試験(JCOG 1109)や胸腔鏡下手術と開胸手術の比較試験 (JCOG 1409) が開始され,今後エビデンスに基づいた治療法の最適化が期待される.一方で周囲臓器浸潤や高度リンパ節転移を伴う高度進行症例に対する治療法には未だ一定のコンセンサスが得られていない.本セッションでは,進行食道癌に対する集学的治療のエビデンスや各施設における先進的な取り組みとその成績を提示し,将来への展望を示していただきたい.
Spoken in English

食道癌集学的治療と胸腔鏡下食道切除術

[演者] 竹内 裕也:1
[著者] 北川 雄光:2
1:浜松医科大学医学部 外科学第二, 2:慶應義塾大学医学部 一般・消化器外科

進行食道癌に対する鏡視下手術を中心とした集学的治療戦略と成績

[演者] 二宮 致:1
[著者] 岡本 浩一:1, 伏田 幸夫:1, 尾山 勝信:1, 木下 淳:1, 高村 博之:1, 田島 秀浩:1, 牧野 勇:1, 宮下 知治:1, 太田 哲生:1
1:金沢大学 消化器・腫瘍・再生外科

革新的食道癌治療の開発における重粒子線治療のあらたな可能性

[演者] 磯崎 由佳:1,2
[著者] 安田 茂雄:1, 阿久津 泰典:2, 川城 壮平:1, 岡田 直美:1, 辻 比呂志:1, 鎌田 正:1, 山田 滋:1, 松原 久裕:2
1:重粒子医科学センター病院 外科, 2:千葉大学大学院 先端応用外科学

cStage II/III食道扁平上皮癌における DCF NACの予後的メリット

[演者] 山下 継史:1
[著者] 原田 宏輝:1, 細田 桂:1, 森谷 宏光:1, 三重野 浩朗:1, 江間 玲:1, 鷲尾 真理愛:1, 渡邊 昌彦:1
1:北里大学医学部 外科

術前化学放射線療法を施行した切除可能進行食道癌の治療成績と予後予測

[演者] 濱井 洋一:1
[著者] 恵美 学:1, 古川 高意:1, 伊富貴 雄太:1, 岡田 守人:1
1:広島大学原爆放射線医科学研究所 腫瘍外科研究分野

他臓器浸潤進行食道癌に対するDCF併用化学放射線治療を活用した治療戦略

[演者] 宮崎 達也:1
[著者] 宗田 真:1, 酒井 真:1, 本城 裕章:1, 熊倉 裕二:1, 吉田 知典:1, 栗山 健吾:1, 西川 達也:1, 横堀 武彦:1, 桑野 博行:1
1:群馬大学大学院 病態総合外科学

cT4胸部食道癌における予後解析に基づいた治療戦略の最適化

[演者] 牧野 知紀:1
[著者] 山崎 誠:1, 田中 晃司:1, 宮崎 安弘:1, 高橋 剛:1, 黒川 幸典:1, 中島 清一:1, 瀧口 修司:1, 森 正樹:1, 土岐 祐一郎:1
1:大阪大学大学院 消化器外科学Ⅱ

詳細検索