セッション

<司会の言葉>
がんの治療として、手術、抗がん薬治療、放射線療法と並び、第4の治療法として免疫療法が注目されている。例えば、免疫療法の一つである分子標的薬が次々と開発されたことにより抗がん治療は一定の進歩を遂げたが、免疫チェックポイント阻害薬の登場により新たな局面を迎えようとしている。さらに抗体薬物複合体も開発されており、免疫チェックポイント阻害薬と並ぶ次世代がん治療薬として臨床応用が期待される。これらの現状を踏まえ、がん免疫療法における最新の知見について報告していただくとともに、今後の展望や課題について議論していただきたい。

がん免疫療法における"チェックポイント"の克服

[演者] 吉村 清:1
1:国立がん研究センター中央病院

がん免疫療法における患者がん組織を用いたxenograftモデルの有用性の検討

[演者] 和田 聡:1
1:神奈川県立がんセンター

エレクトロポレーション法を用いた腫瘍血管を標的としたmRNA-engineered T細胞療法の開発

[演者] 神垣 隆:1, 藤原 健人:2, 笹渡 繁巳:3, 富山 舞:3, 三木 健次:3, 岡田 直貴:2
1:瀬田クリニック 臨床研究・治験センター, 2:大阪大学大学院薬学研究科, 3:株式会社メディネット

膵・胆道悪性腫瘍に対するがん免疫療法の治療効果を予測するバイオマーカーの探索

[演者] 土川 貴裕:1, 上野 峰:1, 中村 透:1, 桑原 尚太:1, 中西 善嗣:1, 浅野 賢道:1, 野路 武寛:1, 岡村 圭佑:1, 七戸 俊明:1, 平野 聡:1
1:北海道大学大学院 消化器外科学分野Ⅱ

がん免疫療法の進歩に伴う今後の新規治療法の開発

[演者] 中面 哲也:1
1:国立がん研究センター 先端医療開発センター

消化器癌における免疫チェックポイント機構の分子機序解明

[演者] 岡野 慎士:1,3, 吉住 朋晴:1, 池田 哲夫:1, 沖 英次:1, 佐伯 浩司:1, 今井 大祐:1, 堤 智祟:1, 是久 翔太郎:1, 小田 義直:2, 前原 喜彦:1
1:九州大学大学院 消化器・総合外科学, 2:九州大学大学院 形態機能病理学, 3:クリーブランドクリニック・消化器病・外科研究施設

膵癌に対する免疫療法

[演者] 青木 琢:1, 垣見 和宏:2, 松下 博和:2, 星川 真有美:3, 長谷川 潔:3, 國土 典宏:3, 窪田 敬一:1
1:獨協医科大学医学部 第二外科学, 2:東京大学附属病院免疫細胞治療学教室(メディネット), 3:東京大学大学院 肝胆膵外科学

詳細検索