セッション

PVT1は癌遺伝子MYCを駆動するエンハンサーでありStage II, III大腸癌の予後予測マーカーになりうる

[演者] 重安 邦俊:1,2
[著者] 小澤 毅士:2, 松山 貴俊:2, 河合 毅:1, 矢野 修也:1, 母里 淑子:1, 岸本 浩行:1, 永坂 岳司:1, Ajay Goel:2, 藤原 俊義:1
1:岡山大学大学院 消化器外科学, 2:ベイラー大学メディカルセンター

イリノテカン治療バイオマーカーとして新たに同定された遺伝子多型

[演者] 恒富 亮一:1
[著者] 硲 彰一:1,2, 岡山 直子:3, 友近 忍:1, 鈴木 伸明:1, 坂本 和彦:1, 飯田 通久:1, 武田 茂:1, 吉野 茂文:1,4, 永野 浩昭:1
1:山口大学大学院医学系研究科消化器・腫瘍外科学, 2:山口大学医学部先端がん治療開発学, 3:山口大学附属病院検査部, 4:山口大学附属病院腫瘍センター

進行直腸癌におけるγH2AXの術前放射線治療感受性予測バイオマーカーとしての役割

[演者] 革島 悟史:1
[著者] 田代 圭太郎:1, 近藤 圭策:2, 田中 慶太朗:1, 奥田 準二:1, 内山 和久:1
1:大阪医科大学附属病院 消化器外科, 2:生駒市立病院 外科

バイオマーカーを用いた大腸癌腹膜播種症例の検討

[演者] 山口 達郎:1
[著者] 松本 寛:1, 中野 大輔:1, 中山 祐次郎:1, 河村 英恭:1, 高雄 美里:1, 夏目 壮一郎:1, 岩崎 善毅:1, 高橋 慶一:1
1:がん・感染症センター都立駒込病院 外科

血漿中Prokineticin 2のヒト大腸癌におけるバイオマーカーとしての可能性

[演者] 田海 統之:1
[著者] 呉林 秀崇:1, 加藤 成:1, 藤本 大裕:1, 森川 充洋:1, 小練 研司:1, 村上 真:1, 廣野 靖夫:1, 片山 寛次:2, 五井 孝憲:1
1:福井大学医学部 外科学(1), 2:福井大学附属病院 がん診療推進センター

DNAポリメラーゼ関連遺伝子変異を伴う大腸癌の臨床病理学的・遺伝子的検討

[演者] 日野 仁嗣:1
[著者] 賀川 弘康:1, 楠原 正俊:2, 絹笠 祐介:1, 塩見 明生:1, 山口 智弘:1, 山川 雄士:1, 寺島 雅典:3, 上坂 克彦:3, 山口 建:4
1:静岡県立静岡がんセンター 大腸外科, 2:静岡県立静岡がんセンター研究所 地域資源研究部, 3:静岡県立静岡がんセンター 消化器外科, 4:静岡県立静岡がんセンター

詳細検索