演題

消化器癌の診断・治療を目指した液体生検の試みと今後の展望

[演者] 市川 大輔:1,2
[著者] 小西 博貴:2, 小松 周平:2, 塩崎 敦:2, 庄田 勝俊:2, 荻野 真平:2, 小菅 敏幸:2, 有田 智洋:2, 河野 寛:1, 大辻 英吾:2
1:山梨大学医学部 外科学講座第一, 2:京都府立医科大学医学部 消化器外科学

【はじめに】担癌患者の末梢血液中に癌細胞から遊離した核酸が存在することは以前より知られていた.近年,これら血液中の循環遊離核酸が,癌の存在診断のみならずTumor dynamicsを反映するバイオマーカーとしても有用であることが報告されている.今回,これまで当教室で行ってきた消化器癌患者の血中遊離核酸の解析結果を胃・食道癌を中心に報告し,更なる臨床応用に向けての問題点を提起する.【方法】消化器癌患者を対象に,手術や化学療法等の治療前後ならびに経過フォロー中の末梢血液より細胞外遊離核酸を抽出し,それらを用いた様々な解析結果と臨床病理学的因子との比較検討から,診断や治療を目的とした臨床的有用性について検討した.【結果】1) 胃癌(G)・食道癌(E)患者において,血中DNA断片濃度が健常者に比較して有意に高値であった.2)MSP解析では,G・E共に幾つかの解析遺伝子を組み合わせることで3分の1程度の患者集団が検出可能であった.一方で,他の検索法に比較して操作が煩雑で定量性に問題があった.3)参照遺伝子を適切に設定することで,遺伝子増幅も検出可能であった.EではCCND1増幅が検出可能であり,予後因子としても有用でもあった. GではHER2増幅が検出可能であり,Trastuzumabによる治療効果の予測や,治療経過中のHER2状態の変化もリアルタイ ムに把握できる可能性が示唆された.4)miR解析では,Gにおける miR-18a,21,106b,451,486等,EにおけるmiR-18a,21/375等が,健常者に比較して有意に高値であり,術後速やかに低下した.一方で,再発時の検討では,必ずしも これらmiRの上昇を認めず,その組織由来について更なる検討が必要である.5)個々の患者の血漿遊離核酸を用いた様々な解析を現在進めているが,再発時の診断や根治性の確認に有用な症例も認めた.【結語】循環遊離核酸を用いた腫瘍関連 genetic,epigenetic異常の検出が可能であり,癌の存在診断や,悪性度診断・治療感受性判定等に有用である可能性が示唆された.今後,多数症例の解析結果から,複合解析による診断精度の向上が期待される一方で,NGSを用いた個別化バイオマーカー解析の癌診療への有用性の検討が望まれる.
詳細検索