演題

O2-93-15-1

当科における進行下部直腸癌に対する治療成績の検討ーTME+LLNDの妥当性ー

[演者] 中野 大輔:1
[著者] 松本 ひろし:1, 山口 達郎:1, 中山 祐次郎:1, 河村 英恭:1, 高雄 美里:1, 夏目 壮一郎:1, 本田 五郎:1, 岩崎 善毅:1, 高橋 慶一:1
1:がん・感染症センター都立駒込病院 外科

【はじめに】
本邦での局所進行下部直腸癌の標準治療がTotal mesorectal excision (TME)+側方郭清(LLND)であるのに対し,国際的な標準治療はTME+化学放射線療法(CRT)である.本邦でもさらなる局所再発の抑制と予後改善を目的として,術前CRTが広く行われつつある.しかし,CRTは局所再発率の低下と無再発生存期間の延長に貢献するものの予後延長のevidenceに乏しく,さらに肛門機能や性機能の低下に関連すると考えられている.我々は,進行下部直腸癌に対してTME+LLNDを基本的な治療方針としているが,さらなる治療成績の向上が求められる.
【目的】
当科における進行下部直腸癌に対するTME+LLNDの成績を検討し,治療方針の妥当性と問題点を検証する.
【対象・方法】
2004年から2013年の間に治療を行ったstage2/3下部直腸癌308例を対象とした.術前後に放射線療法を行った症例は除外した.
【結果】
stage2/3a/3b:104例/100例/104例,LLNDは230例に施行され,側方リンパ節転移は46例(20%)に認めた.再発は114例(37%),局所再発は40例(13%)に認めた.5年局所再発率はstage別(2/3a/3b)で7.3%/15.9%/27.3%であった.多変量解析による局所再発危険因子は,CEAが5以上,リンパ管侵襲,前壁の病変(全周含む)であった.CEA5未満且つ前壁にかからない予後良好群(87例)において,局所再発は3例(4%)であった.また予後良好群の側方リンパ節転移は9例(10%)に認め,そのうち局所再発をきたしたものは1例であった.
【結語】
本検討において,進行下部直腸癌の局所再発率の低い予後良好な集団が抽出できた.予後良好群においてもLLNDは局所制御に貢献し,治療方針としてTME+LLNDは妥当と考える.それに対し,それ以外の症例においては,さらなる治療成績の向上が求められ,術前CRTや術前化学療法を導入する必要があると考える.
詳細検索