演題

WS13-1

消化器外科手術に役立つコンピュータ支援手術

[演者] 大城 幸雄:1
[著者] 明石 義正:1, 岡田 俊之:1, 高橋 一広:1, 下村 治:1, 倉田 昌直:1, 小田 竜也:1, 大河内 信弘:1
1:筑波大学消化器外科・臓器移植外科

【目的】3D肝臓モデルで肝切除シミュレーションを施行することは一般的になっているが, われわれは膵, 胆嚢, 胃の切除にも拡大し, シミュレーション・ナビゲーションサージャリーの運用を行っている. これまでの成果と真のナビゲーション開発の取り組みを報告する.
【方法】i) 当科での肝切除症例をSYNAPSE VINCENT(SV)による手術シミュレーション導入前後で比較した. それぞれ120症例を対象として, 手術, 臨床成績を比較し, さらにサブグループ解析を行った. ii) 当科で独自に開発した変形シミュレーションシステムLiversim(LS)を使用して, 肝切除だけでなく, 膵切除, 胆嚢切除, 胃切除の術前シミュレーション, 術中ナビゲーションを行っている. iii) 当科で腹腔鏡下肝切除を実施したLS使用群7例と, SV使用群20例について, 手術成績を比較した. iv) カーナビのような真の手術ナビゲーションを可能とするために, リアルタイムで計測した術野をシミュレーションソフトと同期させるための予備実験を施行した.
【結果】
i) 出血量(導入前550ml(50-5840)/導入後597ml(18-16,060)), 手術時間(373分(125-866)/337分(92-860) p=0.048), 術後在院日数(12日(5-75)/12日(6-100))と, 導入後に手術時間が36分短縮した. 再肝切除における有意差はなく, 術式別では亜区域切除で43分短縮した. ii) 膵切除においては, Lap-DPで膵の釣り上げ後の脾動静脈の同定に, 胆嚢切除では, 内臓脂肪の多い症例での胆嚢挙上後のCalot三角の展開に, 胃切除では, Lap-DGで内臓脂肪の多い症例でのリンパ節郭清部位の各血管の同定に, LSは有用であった. 胃切除ではモニターに重畳表示する術中ARナビゲーションとしても有用であった. iii) 手術時間(SV群326分(139-609)/LS群275分(219-633)), 出血量(100ml(0-940)/103ml(0-1,440)), 術後在院日数(7日(6-13)/9日(7-10))において両群に有意差はなく, LSはSVと比較して非劣性であった. iv) 予備実験では3D肝臓プリントモデルを使用した. 3Dカメラにより臓器を計測し, 3D点化したデータをシミュレーションソフトのデータと比較し, アフィン変換行列(4×4行列)を計算し位置合わせを行った. マーカー化ガーゼを利用することで, 画像からの臓器抽出, およびサイズ計測が容易となった.
【結論】手術シミュレーション等のコンピュータ支援手術は様々な臓器に有用であり, 今後の真のナビゲーションの開発も期待される.
詳細検索