演題

院内がん登録とDPC調査データを使った診療実態の記述によりわかったこと

[演者] 東 尚弘:1
1:国立がん研究センターがん対策情報センター

がん登録の推進に関する法律により,がん登録は法制化されがん診療連携拠点病院を中心として行われている院内がん登録もその推進が定められている.一方で,がん登録は「台帳」としての機能はあるものの,罹患統計の目的から症例の網羅性を重視するために臨床情報の項目は限られている.
一方,DPCの導入影響調査における診療行為データは,診療報酬請求と同等のデータが収集されているため,行われた診療行為については一定の網羅性を担保しているが,正確な診断,および診断が何時つけられたのかなどの情報に乏しい.しかし,リンクさせることで,どのような患者に何が行われたのか,と言うことを時系列で知ることができる.
筆者らは,全国の院内がん登録実施施設から,このようなリンクデータを収集し,がん対策基本法に定める均てん化の実態を記述してきた.ここでいう均てん化は,標準診療が全国の施設で行われていることを確保する,ということを意味しているため,標準診療の普及率を以て均てん化の指標としている.
しかし,一方で標準診療は患者の状態によっては控えるべきであることもあるし,また,DPC調査のデータは単一施設から収集されているために多数の施設における連携をとらえきれないという欠点も存在する.そのため我々は大きなデータベースから出てきた集計結果のみによって質の評価を結論づけることを避け,可能な限り標準非実施例についての理由を収集して,そのような例外やデータの限界を考慮した評価を行うように試みを続けてきた.
すると,標準診療についてのコンセンサスが必ずしも十分でない面も見受けられた.そのような点については,データを見ながら議論を続けていき,必要に応じて新たな臨床試験を行うことが望ましいと考えられた.ガイドラインの推奨などを元にしてデータを取りつつ均てん化の実態を探っていくことで,逆に,基準となる推奨のあり方についての議論を活性化する方向性もあり得ることが明らかになった.データを今後の推奨と診療の両方に対してどのように生かせるかが鍵となる.
詳細検索