演題

腹腔鏡下手術で治療し得た直腸動静脈奇形の1例

[演者] 森本 翔太:1
[著者] 小林 建司:1, 加藤 知克:1, 廣川 高久:1, 柴田 直史:1, 花立 史香:1, 清水 幸雄:1, 松波 英寿:1
1:松波総合病院 外科

症例は53歳男性.以前より残便感,排便回数の増加を自覚していたが様子をみていた.次第に下血を繰り返すようになり,近医受診し痔核と診断され対症療法で経過をみていたが改善しなかった.下血の増悪と間欠的腹痛も認めるようになったため当院紹介受診となった.腹部造影CT検査で直腸Rs~Rbにかけて浮腫状の壁肥厚,同部位の腸管壁から腸間膜の動静脈の拡張と蛇行,静脈の早期還流像を認めた.下部消化管内視鏡検査では直腸Rs~Rbにかけて粘膜のびまん性浮腫,潰瘍瘢痕の多発像を認めた.上記より直腸動静脈奇形の診断で腹腔鏡下低位前方切除術を施行した.直腸周囲は怒張した静脈と炎症性浮腫が著明であったが下腹神経,骨盤神経叢を温存し剥離できた.腹膜翻転部から約3cm肛門側で血管怒張所見を認めなくなったため同部位で腸管切離,口側は炎症性浮腫を認めない箇所で腸管切離し,経肛門的に自動吻合機で吻合し終了した.術後経過良好で術後7日目に退院となった.病理組織検査にて直腸壁は粘膜下層から漿膜までびまん性に動静脈の拡張,形の乱れを認め,同一の脈管に動脈壁と静脈壁が混在している像を認めた.以上より直腸動静脈奇形と診断された.直腸動静脈奇形は繰り返す下部消化管出血の原因として非常に稀であるが報告がみられる.術前診断率は極めて低いとされ,その治療法は血管塞栓術,外科手術に大きく分かれるが前者では再発率が高いとの報告も散見される.今回我々は内視鏡検査,CT検査から術前に直腸動静脈奇形と診断し,腹腔鏡下手術で治療し得た症例を経験したので若干の文献的考察を加えて報告する.
詳細検索