演題

内視鏡的に整復できた成人の特発性腸重積の1例

[演者] 徳毛 誠樹:1
[著者] 大亀 正義:1, 宇根 悠太:1, 鳴坂 徹:1, 小林 正彦:1, 木村 圭吾:1, 國土 泰孝:1, 村岡 篤:1
1:香川労災病院 外科

成人の腸重積は比較的稀な疾患である.その原因としては小児と異なり腫瘤性病変によるものが多く,器質的疾患を認めない特発性腸重積の報告は少ない.また,成人の腸重積においては早期に外科的処置が行われることが多いが,われわれは内視鏡的に整復可能であった大腸型の特発性腸重積の成人例を経験したので報告する.
症例は53歳の男性.手術を含めて特記既往のない健康成人であったが,夕食後に突然の右側腹部の疼痛を自覚し,数回の嘔吐を伴った.しばらく経過をみるも改善せず,同日深夜に救急車で当院救急外来を受診した.意識は清明で循環動態に著変はなかったが,臍の右側周囲に圧痛を認めた.CT検査で上行結腸に同心円状の層状構造を認め,大腸型の腸重積と診断した.造影CTで腸管に血流障害はなく,重積部の先進部に腫瘍の存在は明らかではなかった.イレウス症状は認めず疼痛は限局していたため,緊急入院とし安静経過観察した.しかし,局所の腹部症状は持続したため,整復および原因病変の確認目的で翌日に緊急大腸内視鏡検査を実施した.前処置はなしで実施したが,残便は少なく右側結腸に容易に到達した.重積の先進部には浮腫状粘膜がみられ内腔が狭窄していたが,送気操作と圧迫とにより重積が解除され盲腸部まで観察可能となった.重積部は浮腫状粘膜と白色調の粘膜変性を伴う隆起様構造を呈しており,腫瘍様にも見えたが全貌は不明であった.腫瘍様所見の数か所から生検を行った.整復直後から腹部症状は改善し,飲食を再開して整復後4日目に自宅退院した.生検では腫瘍性病変は認められず,1か月後に大腸内視鏡検査を再検したが重積解除時に観察された腫瘍様病変は消失し,わずかにびらんを認めるのみであった.その後に実施したCT検査でも重積所見や腫瘍を疑う所見はなく,特発性腸重積であったと判断し追加治療はなしで経過観察としている.今後重積が再燃しないかどうかは不明ではあるが,手術侵襲なく整復できた貴重な成人の特発性腸重積の1症例と考え報告する.
詳細検索