演題

非切除胃でGastritis cystica polyposaを発生母地とした早期多発胃癌の一例

[演者] 小野 仁:1
[著者] 佐々木 彩実:1, 野村 克:1, 田中 伸哉:2, 大森 一吉:1
1:江別病院 外科, 2:北海道大学大学院医学研究科病理学講座腫瘍病理学分野

症例は70歳男性で,HTにて通院中の病院にて,腹部不快感の原因検索のため上部消化管内視鏡検査を施行したところ,胃体下部に3型腫瘍を認めた.同部位の生検結果は高分化型管状腺癌,groubVを認め,当院消化器科紹介となった.再度,上部消化管内視鏡検査を施行したところ,前庭部小弯にも病変を認め,生検の結果はGroupVであった.CTにてリンパ節転移や遠隔転移を認めず,早期多発胃癌と診断し,開腹幽門側胃切除術を施行した.切除標本には8x5cmのイモムシ状隆起病変と7cmほど離れた噴門側に5mm大と1cm大の隆起病変を認めた.病理組織学的に比較的異型に乏しい腺管が多数粘膜内に嚢胞状に増生しており,ポリープ状嚢胞性胃炎gastritis cystica polyposa(以下,GCPと略記)の所見であった.そのイモムシ状隆起病変と1cm大の隆起病変のGCPの上部にそれぞれ高分化型管状腺癌を認めた.GCPにともなう早期多発胃癌であった.pT1a(M),ly0,v0,pN1(1/11),pPM0,pDM0,pStageⅠBであった.GCPは,残胃の吻合部に認めることが多く,残胃癌発生に関係があると考えられている.非切除胃でGCPを認めた報告は少数である.今回,非切除胃に発生したGCPに合併した早期多発胃癌の症例を経験したので,若干の文献的考察も含めて報告する.
詳細検索