演題

腹腔鏡下直腸がん手術における新しい排煙システム

[演者] 近藤 崇之:1
[著者] 大石 崇:1, 西原 佑一:1, 川口 義樹:1, 徳山 丞:1, 浦上 秀次郎:1, 石 志紘:1, 松井 哲:1, 磯部 陽:1, 松本 純夫:1
1:東京医療センター 外科

大腸がんに対する腹腔鏡手術は,進行がんに対しての長期成績が従来の開腹術に劣らないことが報告され,徐々に適応が拡大されている.本邦の大腸がんの半数以上が腹腔鏡手術で施行されている.直腸がんの手術は骨盤という深く狭い空間内での操作が必要とされるために腹腔鏡手術の長所が活かされ,開腹術よりも良好な視野で手術を行うことが可能となる.しかしながら,電気メスを用いる際に発生する煙が腹腔鏡手術の際,しばしば問題となる.深く狭い空間で電気メスにより発生する煙が視界を遮り,手術の中断を余儀なくされる.また,視野の悪い中での手術操作は,正確な層の認識が困難となり,不用意な出血や切離ラインを誤認してしまう可能性がある.
これまで,ポートに装着した脱気チューブから排煙を行い,視野を確保していた.深い骨盤内の排煙を十分に行うには,腹壁のポートから腹腔内のほとんどの脱気を行わなくてはならなかった.そのため,その都度視野が崩れてしまい,再び十分に気腹されるのを待つ必要があった.再気腹の度に術野を作る必要があり,手術時間の延長につながっていた.今回,われわれは電気メスと排煙装置を工夫して接続することにより,排煙を電気メスと連動させ,電気メス使用時に電気メス先端から排煙を行うことを可能とした.これにより,最小限の脱気で視野を確保することが可能となった.視野を崩すことなく常時排煙を行いながら手術を行うことが出来るため,より円滑に手術を行うことが可能となり,手術時間の短縮となった.今回,われわれが行っている新しい排煙システム(排煙装置接続の工夫)について提示し,その有用性について報告する.
詳細検索