演題

RS3-149-14-6

腹腔鏡下肝部分切除を極めるべく工夫

[演者] 川野 陽一:1
[著者] 松本 智司:1, 櫻澤 信行:1, 松田 明久:1, 山初 和也:1, 谷合 信彦:2, 吉岡 正人:2, 清水 哲也:2, 宮下 正夫:1, 内田 英二:2
1:日本医科大学千葉北総病院 外科, 2:日本医科大学付属病院 消化器外科

(緒言)鏡視下肝切除術(Lap-H)は,本年度よりほぼ全ての術式が保険適応手術となったが,肝部分切除術が最も件数の多い術式であることには変わりは無い.肝部分切除術を安全かつ確実な手技で施行することが,Lap-Hの本質的な普及と言っても過言では無い. 腹腔鏡下肝部分切除を極めるべく当科での工夫をVideoにて供覧する.(手技)手技のポイントは,1.術中超音波検査による腫瘍の同定,2.安定した術野の展開,3.肝離断時のLandmarkなどが挙げられる.我々は,臍部創にEZ accessを使用し,気密を保持しつつ開腹用 Finger grip T type US probeを挿入する方法を考案し,開腹時とほぼ同様の観察を可能としたため,肝離断中も入れ替え操作無く,IOUSにて離断ラインの同定が頻回に行える.また,肝表面から腫瘍に約5㎜のマージンを取った深さに対し,40°の角度となる尾側縁から離断を行うようにしている.この時,肝離断部尾側縁に当科で開発された,腹腔鏡用Sponge spacerであるSECUREA付きネラトンを縫合固定し牽引すると,安定した術野展開が可能となり,離断面に垂直方向のTensionがかかるため背側マージンが取りやすくなる.背側離断面にLandmarkとなる脈管などが無い場合は,Tatooingや術中USによるリアルタイムナビゲーションなども考慮する.SECUREAを細長く加工したデバイスでの肝離断面を圧迫しながらの肝切離は,不意の出血やPringle法解除中の出血の軽減に役立つ.Clippingを要する脈管に関しては,安定した術野下に,ネラトン付きEndominiretractで必ず裏を取った後に切離を行う.(結語)現在,適応拡大がなされたLap-Hにおいてでも,基本術式である肝部分切除を極めるべく工夫の積み重ねが普及の礎となるため,当科での工夫など,更なる安全,確実な手技を模索する努力が必要である.
詳細検索