演題

RS1-10-7-1

脾曲部結腸進行癌に対する腹腔鏡下脾曲部外側授動手技の工夫

[演者] 上田 和毅:1
[著者] 川村 純一郎:1, 大東 弘治:1, 所 忠男:2, 吉岡 康多:2, 牛嶋 北斗:1, 肥田 仁一:2, 今本 治彦:1, 奥野 清隆:2
1:近畿大学医学部 内視鏡外科, 2:近畿大学医学部 下部消化管

【はじめに】脾曲部結腸進行癌は発生頻度が少ない.その上脾曲部周囲には脾臓,膵臓,十二指腸などの重要臓器があり,また腫瘍支配血管のバリエーションがあるため,郭清・手技が困難でありかつ手技定型化が困難である.当院では術前3D-CT血管構築により支配血管と腫瘍の位置関係を明確に把握し,腫瘍の進行度に合わせて郭清範囲を決定し安全に腹腔鏡下手術を行なうことを心がけている.当院における腹腔鏡下脾曲部結腸授動手技を供覧する.
【手術手技】臍部3.5cm小開腹先行にて開腹しEZアクセスを装着,12mm, 5mmトロッカーを挿入する.他に5mm trocarを4本挿入,6-portにて手術を行なう.内側アプローチにてIMA根部の郭清を行ない,LCAの根部で血管処理を行ない,同高にてIMVの処理を行なう.腎筋膜上に入り,左結腸間膜を広く授動する.症例によっては間膜から膵が透見できる.次に外側の処理に移り,S状結腸~下行結腸の授動を行い,内側からの層とつなげ脾曲部へ向かう.脾曲部近傍にて結腸に付着している大網を結腸付着側にて切離していき網嚢腔にはいり,横行結腸の中央部付近まで大網を切離する.下行結腸を中枢側下方へ牽引すると高い再現性をもって膵尾部が確認できる.横行結腸間膜を膵下縁にて切離していき,脾曲部結腸の授動を完了する.IMV頭側の処理は膵下縁にて内側から行なう.横行結腸間膜の処理は腫瘍の位置,横行結腸の長さ,血管のバリエーションにより異なる.つまり,横行結腸が短く腫瘍が脾曲部横行結腸寄りにある場合は腫瘍深達度により,MCA根部もしくはMCV左枝での処理が必要となる.また副中結腸動静脈が存在する場合にはこれを根部まで追い求め処理を行なう.
【まとめ】当院における脾曲部結腸授動手技は再現性が高く可能であり,解剖を理解することにより容易に可能である.脾臓に牽引が加わることが少ないため脾損傷の危険性も少ない.また大網を横行結腸からしっかり切離することにより小開腹創からの腸管の取り出しも容易となり,切離吻合操作もやりやすい.当院における手技とコツを供覧し,治療成績も含めて発表を行なう.
詳細検索