演題

RS1-9-7-4

横行結腸癌~右側結腸癌に対する頭側アプローチ先行による安全性向上と定型化

[演者] 藤原 康弘:1
[著者] 鈴木 伸明:1, 田中 宏典:1, 友近 忍:1, 坂本 和彦:1, 武田 茂:1, 吉野 茂文:2, 硲 彰一:3, 上野 富雄:1, 永野 浩昭:1
1:山口大学大学院 消化器・腫瘍外科学, 2:山口大学附属病院 腫瘍センター, 3:山口大学医学部 先端がん治療開発学講座

【はじめに】腹腔鏡補助下右半結腸切除術の際,中結腸動脈根部付近の郭清は胃結腸静脈幹が近く,損傷に対する注意が必要である.当科では最近,上行結腸~横行結腸腫瘍に対して,頭側アプローチ先行での手技を定型化しており,本法についてビデオで供覧する.【手技・郭清範囲】術前にダイナミックCTで腸管走行と血管分布を把握し,腫瘍の位置から郭清範囲を想定する.患者を頭高位として大網を正中やや左側から切離し網嚢に入る.そのまま右側に向かって切離する.この際,胃と膵前面・横行結腸間膜の癒着を十分に剥離することが,肝要である.胃の後壁を把持鉗子で吊り上げることで視野を確保し,胃切除時の6番リンパ節を露出する要領で大網を切離していくと,比較的容易に胃結腸静脈幹から分岐した副右結腸静脈を確認できる.後の体外操作時の牽引による損傷を防ぐため,この時点で副右結腸静脈をクリップ後に切離する.続いて横行結腸間膜の剥離を肝弯曲方向に続ける.十二指腸前面では下十二指腸曲が確認できるまで尾側に剥離を行っておくことが重要である.同部にガーゼを留置し,結腸間膜尾側からの操作時に透見することで,安全に目標とする剥離層に到達することができ,初心者でも安定した手技で行える.続いて横行結腸,小腸を頭側に圧排し,retromesenteric approach,外側approachを行い,頭側からの剥離層と連続させる.リンパ節郭清は腫瘍の局在に合わせてSMV前面を剥離郭清していき,ICA, RCA, MCAをそれぞれ郭清する.切離ラインを決定し,臍を中心に小開腹を行い体外操作で機能的端々吻合にて吻合する.【成績】現在まで27 例(盲腸癌6例,上行結腸癌11例,横行結腸癌10例)に行い,中央値で手術時間260 分(140-435分),出血量40 ml(5-470ml),術後在院日数11日(6-37日)で,従来法のretromesenteric approach先行手技であった2015年の24例では手術時間243 分(166-637分),出血量40 ml(0-1037ml),術後在院日数11.5日(8-39日)であり,いずれも有意差を認めず術後合併症も認めなかった.【結語】腹腔鏡補助下右半結腸切除術を頭側アプローチを先行とすることで,従来法と比べても遜色なく,retromesenteric approach時の膵・十二指腸前面の剥離が容易となり,初心者でも安全に手術可能であると考えられた.
詳細検索