演題

RS1-7-7-6

教育を考慮した横行結腸癌に対する術式の標準化

[演者] 加藤 健志:1
[著者] 賀川 義則:1, 内藤 敦:1, 阪本 卓也:1, 村上 剛平:1, 桂 宜輝:1, 大村 仁昭:1, 竹野 淳:1, 武田 裕:1, 田村 茂行:1
1:関西労災病院 外科

【はじめに】横行結腸癌に腹腔鏡下手術を標準とするには,教育を考慮して術式を定型化する必要がある.また若手が術者の場合,もしSurgical trunk (ST)から出血した場合でも,簡便な対処が可能方法を考えておく必要がある.そこで当院では確認が簡便な右胃大網静脈(RGEV)をランドマークとし,最短距離で上腸間膜静脈に至る経路にてSTを処理し,出血時も切離面までの距離が短いためガーゼでの圧迫が可能である.【方法】当院では教育的な配慮より術者は原則担当医であるレジデントとしている..手術方法は大網を胃大網動脈沿いに切開し,盲嚢内に入り,胃と横行結腸間膜を剥離する.STを挟み込むように左右から横行結腸間膜を剥離し,右側は肝彎曲部まで授動する.RGEVを胃よりで確認し,中枢側に剥離を進め,分枝する副右結腸静脈を順に切離してSAV(上腸間膜静脈) に至る.SMV周囲リンパ節郭清を中枢側に進め,分枝する中結腸静脈を切離し,次にSMVの剥離を末梢側に進め,右結腸静脈を切離する.中結腸動脈(MCA)周囲リンパ節郭清は内側よりアプローチするため,横行結腸間膜を頭側に展開する.MCA右側の十二指腸下行脚透見部の頭側で間膜を切開し,すでに終了した剥離層と交通してSMV前面に至る,左側はトライツ靭帯の頭側向けて間膜を切開する.この間がMCAの根部であり,SMVを確認しながらMCAの左右から223リンパ節を郭清し,MCVを切離する.再度横行結腸間膜を尾側に展開し,膵下縁沿ってで横行結腸間膜を脾彎曲部に向かって切離するが,腫瘍の部位に合わせて切離範囲を変える.回結腸血管処理は開腹にて施行するため,最後に上行結腸を授動して,鏡視下での操作を終了する.【結果】横行結腸癌に対して2011年4月から2016年11月までに108例に腹腔鏡手術を施行した.Single Port(SP)が79例,Reduced Port(RP)が11例,Multi Port(MP)が18例であった.2011年10月よりRP,2013年4月からSPを標準術式としたが,SPの手術時間の中央値は171分,出血量の中央値は28mlでありRP,MPと差はなかった.合併症はSTからの出血を1例,創感染をSPの5例,縫合不全を1例に認めた.開腹移行症例は認めなかった.【まとめ】STの郭清を先行する手技を標準・定型化することにより,手技が簡便化し,結果的に横行結腸癌に対してSPSを導入することが可能となった.また来年度6名の消化器外科医を迎えることができ,若手教育にも貢献できているとかと思われる.
詳細検索