演題

RS1-7-7-2

横行結腸癌に対する腹腔鏡下横行結腸切除の手術手技と成績

[演者] 建 智博:1
[著者] 福井 雄大:1, 富沢 賢治:1, 花岡 裕:1, 戸田 重夫:1, 森山 仁:1, 的場 周一郎:1, 黒柳 洋弥:1
1:虎の門病院 消化器外科

【はじめに】
横行結腸癌では,横行結腸間膜の切除と郭清血管の処理が重要となる.しかし,結腸と膵,脾,大網,十二指腸など周辺臓器との関係や,多様な血管分岐のため,手術の難易度が高くなる.当院では外科解剖に基づき定型化された腹腔鏡下横行結腸切除を行っており,その手技と成績を報告する.
【手術手技】
横行結腸間膜基部の右側端を副右結腸静脈(ARCV)の胃結腸静脈幹流入部,左側端を下腸間膜静脈(IMV)の膵下縁流入部と捉える.また構造物の認識を難しくする大網は発生学的には背側胃間膜であることを認識する.血管分岐に関しては,術前CTで血管の走行を確認し,郭清血管・郭清範囲をイメージして手術に臨む.
手術は腹腔鏡下,5ポートで行う.トライツ靭帯外側・IMVの腹側の腹膜を切離し,膵を確認して網嚢に入る.同様に十二指腸水平脚の内側で膵・ARCVを確認し,郭清の左右両端を決める.尾側で上腸間膜静脈を露出し,頭側では網嚢を開放後,発生学的には大網後葉である横行結腸間膜前葉を切離して膵を露出する.徐々に横行結腸間膜を左右・頭側尾側から狭めて中結腸動静脈を処理する.no.223に腫大リンパ節がない限りは膵下縁で中結腸動脈を処理しており,上腸間膜動脈の露出は行っていない.
【対象】
2010年4月から2016年11月までに腹腔鏡下横行結腸切除術を施行した横行結腸癌93例を対象とし,その成績を検討した.
【結果】
男性44例,女性49例で,年齢の中央値は68(62-77)歳,手術時間の中央値は235(191-274)分,出血量の中央値は6(0-41)g,術後在院日数の中央値は9(8-12)日であった.ステージはI/II/IIIa/IIIbが45/30/15/3例,術後観察期間中央値は769日であった.術後合併症として,縫合不全を3例,術後イレウスを2例で認めた.再発は5例で認められ,再発形式は肝転移2例と腹膜播種3例であった.
【結語】
当院の外科解剖に基づいて定型化された腹腔鏡下横行結腸切除は安全に施行可能で,腫瘍学的成績も妥当であった.以上,手術ビデオとともに報告する.
詳細検索