演題

RS2-103-16-5

腹腔鏡下胃全摘術後のリニアステープラーを用いた体腔内機能的端々吻合法

[演者] 後藤 愛:1
[著者] 柴崎 晋:1, 中村 謙一:1, 古田 晋平:1, 菊地 健司:1, 中村 哲也:1, 角谷 慎一:1, 石田 善敬:1, 稲葉 一樹:1, 宇山 一朗:1
1:藤田保健衛生大学病院 外科

【背景】腹腔鏡下胃全摘(LTG)後の再建は比較的難度が高く,LTGの普及を妨げている要因のひとつである.当科ではLTG後の再建法として,1)視野が良好,2)12mmポートから挿入可能,3)食道径に依存しない吻合径,4)迅速かつ簡便に施行可能などの理由から,リニアステープラー(LS)を用いた体腔内食道空腸吻合を標準としてきた.腹部食道が十分残る場合には機能的端々吻合(FEEA)法を,高位吻合となる場合にはoverlap法を行っている.これまでに様々な術中偶発症及び吻合部関連合併症を経験しており,その都度手技の工夫,改良を行ってきて,現在では手技の安定化がなされてきたと考えている.今回,体腔内FEEA法の手技を供覧するとともにその成績について後方視的に検討した.
【吻合手技】原則として結腸前経路で空腸を挙上し,挙上空腸断端腸間膜対側と食道断端左縁に小孔を開ける.食道小孔は前後壁に1針ずつ支持糸をかけ,粘膜と筋層を固定する.45mmLSのカートリッジ側を挙上空腸に入れた後,アンビルフォーク側を食道に挿入する.その際フォークが粘膜下に誤挿入されないように,胃管をガイドとして用いる.ステープラー先端による腸管損傷,胃管や周囲臓器の噛み込みが無い事を確認し,1st staplingを行う.ステープルラインに出血が無いことを確認後,共通孔を3~4針の支持糸で全層仮縫合閉鎖する.この際食道断端と挙上空腸断端が重ならないように少しずらす.支持糸を把持して共通孔を60mmLSで閉鎖し,共通孔閉鎖部位の全周全層性を確認する.最後に腹部食道及び挙上空腸を横隔膜脚に非吸収糸にて縫合し,吻合部周囲の全周性固定と直線化を行う.Y脚の腸間膜間隙とPetersen's defectは非吸収糸にて縫合閉鎖する.十二指腸断端は漿膜筋層縫合にて埋没する.
【結果】2013年~2015年に当科で施行したLTGは128例であり,そのうちFEEA法による食道空腸吻合を施行した症例は108例であった.術中偶発症は認めなかった.吻合関連合併症(C-D分類≧3a)は,縫合不全を1例(0.9%)に認めたのみで,吻合部狭窄や吻合部出血は認めなかった.
【結語】リニアステープラーの適切な使用,手技の定型化により,FEEA法による食道空腸吻合は安全かつ確実に施行可能であった.
詳細検索