演題

RS2-102-16-1

Circular staplerを使用した腹腔鏡下食道空腸吻合

[演者] 右田 和寛:1
[著者] 松本 壮平:1, 若月 幸平:1, 伊藤 眞廣:1, 國重 智裕:1, 中出 裕士:1, 北野 睦子:1, 中谷 充弘:1, 庄 雅之:1
1:奈良県立医科大学医学部 消化器外科・小児外科・乳腺外科学

【はじめに】当科では腹腔鏡下食道空腸吻合は原則的にcircular stapler(CS)を使用し行ってきた.今回,当科で行っているCSを用いた吻合法,工夫を動画で供覧する.【再建法】郭清操作終了後,食道のできるだけ近位に腸管クランプ鉗子をかけ,食道を超音波凝固切開装置で離断する.トライツ靭帯を確認し,空腸の太さを確認しておく.左上腹部ポート部に4-5cmの小切開を加えて開腹し,標本を摘出し,腹腔内にアンビルヘッドを挿入する.食道の8時から反時計回りにタバコ縫合を行い,食道にかけた腸管クランプ鉗子をはずし,アンビルヘッドを留置する.さらに,エンドループをかける.できる限り余剰の食道を切除する.トライツ靭帯から20cm付近の空腸で近位を助手,遠位を術者が把持し,体外に空腸を引き出す.空腸を離断し,食道空腸吻合予定部から約40cm遠位にトライツ側空腸を仮縫いしておく.食道空腸吻合予定付近の食道前壁に色素で色をつけておく.CS本体を空腸内に挿入し,ベッセルループで食道と空腸を固定し,本体を腹腔内に挿入,鏡視下操作に戻る.先につけたマーキングの境界にCSのセンターロッドを出す.アンビルヘッドとドッキング,空腸を患者右側へ展開し,吻合を行う.ベッセルテープを切離し,CS本体を引き抜き,ドーナツを体外で確認する.この際,食道は縫合糸,空腸はマーキングが脆弱部位の目安となる.さらに,鏡視下で吻合部を確認する.問題がなくとも,右壁を全層で数針縫合補強する.Y脚吻合の際に緊張がかかり食道空腸吻合部の損傷を引き起こした症例を経験したため,Y脚吻合の前に挙上空腸を横隔膜脚あるいは小網に縫合固定する.体外操作でY脚吻合を行う.鏡視下で腸間膜間隙,Petersen's defectを縫合閉鎖し再建操作を終了する.【成績】色素使用による吻合不完全部位の同定および吻合部縫合補強と挙上空腸固定による縫合不全防止の導入前後で縫合不全発生率は9.6%(6/62例),0%(0/12例)であった.【結語】CSを使用した腹腔鏡下食道空腸吻合において,種々工夫を加えることで比較的安定した術後成績が得られていると考えられる.
詳細検索