演題

RS1-47-16-1

腹腔鏡下幽門側胃切除・ブーメラン型空腸間置法の手技

[演者] 佐々木 欣郎:1
[著者] 倉山 英豪:1, 久保 僚:1, 里村 仁志:1, 大塚 吉郎:1, 小野寺 真一:2, 中島 政信:1, 山口 悟:1, 宮地 和人:2, 加藤 広行:1
1:獨協医科大学医学部 第一外科学, 2:獨協医科大学日光医療センター 外科

【目的】幽門側胃切除(LDG)の再建法はBillroth-I法(BI)かRoux-Y法(RY)が一般的であるが,BIでは残胃や食道への胆汁逆流が問題となり,RYではRY症候群などが問題となる.教室ではブーメラン型空腸間置法(BJI)を考案し,逆流症状が少なく食事摂取も良好な本術式の有用性と良好な長期QOLを報告してきた.2016年2月よりLDGにも導入を開始したので,その手技を供覧し成績を紹介する.
【手術適応】cT1N0あるいはcT2N0症例を適応としている.胃切除後に小さな残胃となる症例や逆流性食道炎が懸念される症例にも適応可能であるが,再建の際に十二指腸の断端の長さに余裕を持てない症例は適応外としている.
【手術手技】リンパ節郭清後にlinear staplerを用いて十二指腸と胃を切離する.Treiz靭帯から30 cmの空腸を切離後,そこから25 cm肛門側の空腸を切離して間置空腸を作製する.間置空腸よりも口側と肛門側の空腸にはそれぞれ小孔を開けてlinear staplerで側々吻合した後,フォーク挿入孔をV-Locで縫合閉鎖する.横行結腸間膜を切開して間置空腸を後結腸経路で順蠕動性に挙上する.空腸肛門側および十二指腸断端のstaple lineを約1cm切除して小孔を開けたらlinear staplerにて吻合し,フォーク挿入孔をV字のstaple lineが開く方向にlinear staplerで閉鎖する.残胃断端大弯側のstaple lineを約1cm切除して小孔を開けて胃内容を吸引したら,間置空腸の口側断端から2 cm肛門側の腸間膜対側に小孔を開ける.残胃と間置空腸の小孔からlinear staplerのフォークをそれぞれ挿入し,空腸の腸間膜対側と残胃の後壁を吻合する.止血を確認後,V-Locでフォーク挿入孔を縫合閉鎖する.最後に横行結腸間膜と空腸間膜を縫合して再建を終了する.
【結果】2016年12月までに7例にLDG/BJIを施行した.ほぼ同時期の同一術者によるBI 19例,RY 12例との比較検討では,手術時間は307分(257~362)でBIよりは延長していたが(P=0.0008),RYとは有意差が無かった.出血量は22g(11~100),術後在院日数は10日(10~15)であり他の2群と有意差を認めず,術後合併症は認めていない.
【結語】腹腔鏡下幽門側胃切除・ブーメラン型空腸間置法は安全に施行可能であった.今後はさらに症例を重ねて術後のQOLを評価していく予定である.
詳細検索