演題

RS3-119-7-4

上部進行胃癌の腹腔鏡下胃全摘術における脾門部腹側郭清-膵脾頭側授動とoutside bursa omentalis approach-

[演者] 植村 慧子:1
[著者] 海老原 裕磨:1, 京極 典憲:1, 倉島 庸:1, 村上 壮一:1, 中村 透:1, 土川 貴裕:1, 岡村 圭祐:1, 七戸 俊明:1, 平野 聡:1
1:北海道大学大学院 消化器外科学分野Ⅱ

【はじめに】JCOG0110にて大弯浸潤のない上部進行胃癌に対する脾摘は,脾温存に比し侵襲が大きく生存期間は改善しないとされた.今後は上部進行胃癌に対し脾摘を伴わない脾門周囲郭清が必要となる.今回われわれが行っている,膵脾先行授動とoutside bursa omentalis approachを用いた腹腔鏡下胃全摘術における脾門部腹側郭清の手技を報告する.【セットアップ】体位は開脚仰臥位.モニターは1台で患者頭側に設置し,術者は脚間より切除•再建のすべてを行う(Co-axial setting).助手は左側,腹腔鏡担当助手は右側に位置し通常5ポートで行っている.【脾門部腹側郭清】最初に小網菲薄部の切開を行う.右横隔膜脚に沿って腹膜切開の後,食道の全周剥離を行う.食道を腹尾側に牽引(場合によっては食道切離)しながら腎前筋膜を露出する層で膵後筋膜背側に入り,膵体尾部から脾臓の頭側半分を授動しておく(膵脾頭側の先行授動).網嚢開放の後に脾動静脈沿いのリンパ節郭清を脾門部に向けて進めていく.その際に中枢側にて脾動脈テーピングを行い,脾動脈を直線化することにより動静脈間リンパ節郭清が行いやすくなる(脾動脈の直線化).次に大網を切除するラインで膵尾部から脾動脈下極枝を同定し脾門部腹側郭清を頭側へ進める(outside bursa omentalis approach).膵脾先行授動により脾門部の展開が容易となる.食道空腸吻合はLinear Staplerを用いた完全体腔内での機能的端々吻合を採用している.【成績】5症例に対し胃全摘,D2-#10(脾門部腹側郭清)を施行し全症例で良術野のもと脾門部腹側郭清が可能であった.手術時間と出血量は中央値で425(296-455)分,および100(0-145)ml.術後合併症は認められなかった.【まとめ】上部進行胃癌に対する脾門部腹側郭清の際に,膵脾先行授動とoutside bursa omentalis approachを用いることで良好な術野展開が可能となると考えられた.
詳細検索