演題

RS3-117-7-3

腹腔鏡下噴門側胃切除術・胃全摘術におけるENSEAL G2 Articulatingを用いた効率的な左上腹部リンパ節郭清

[演者] 島田 雅也:1
[著者] 天谷 奨:1, 俵 広樹:1, 杉田 浩章:1, 奥出 輝夫:1, 斎藤 健一郎:1, 寺田 卓郎:1, 高嶋 吉浩:1, 宗本 義則:1, 三井 毅:1
1:福井県済生会病院 外科

【はじめに】腹腔鏡下噴門側胃切除(以下LPG)や腹腔鏡下胃全摘術(以下LTG)においては,胃脾間膜・脾門部・横隔膜脚周囲・脾動脈遠位リンパ節郭清は手術成績を左右する重要な局面である.しかし,これまでの超音波凝固切開装置のみでは,これら左上腹部操作において,体格やポート位置によっては操作に制約が伴い術者のストレスにもなっていた.また,膵脾へのキャビテーションによるcollateral damageにも配慮せねばならなかった.そこで我々は,近年開発されたArticulating bipolar tissue sealing system(ENSEAL G2 Articulating;以下ENSEAL)を導入し,円滑で安全な手技を追究しているのでビデオを供覧し報告する.【手術手技】ENSEALは,ジョー内の温度が約100℃になると通電を制御し,側方への熱拡散を抑える特徴を有する.また,左右それぞれ約55°シャフトを曲げることが可能であり,狭部・深部組織・血管への様々な角度のアプローチが容易となる.このため,胃大弯のカーブや膵上縁の隆起に沿って湾曲させることで,常に臓器のラインに沿った郭清ができ,カメラと干渉せずに深部に到達できる.腹部食道周囲の剥離にも,大弯側から周りこむような食道に平行したアプローチが可能であり,横隔膜脚の露出が容易となる.また,bipolar電極のためミストも少なく術者チーム全員のストレスも軽減される.【治療成績】2015年10月より2016年11月までENSEALを導入したLTG7例,LPG4例を検討.LTG群:郭清度 D2-#10 5例,D1+ 2例,手術時間平均238分, 出血量平均21ml,術後合併症Grade1縫合不全1例,Grade2 SSI1例.LPG群:郭清度 すべてD1+,手術時間平均149分,出血量少量,術後合併症 Grade2 GERD 2例.【結語】先端が屈曲するbipolar deviceであるENSEALは,特に腹腔鏡下左上腹部操作において効率的にストレスなく使用でき安全性や有用性が期待できる.
詳細検索