演題

RS2-99-16-3

胃粘膜下腫瘍に対する根治性と機能温存の両立を目指した術式選択と手術手技

[演者] 川端 俊貴:1
[著者] 廣津 周:1, 村上 智洋:1, 松本 知拓:1, 尾﨑 裕介:1, 菊池 寛利:1, 平松 良浩:1, 神谷 欣志:1, 坂口 孝宣:1, 今野 弘之:1
1:浜松医科大学医学部 外科学第二

【目的】
胃の粘膜下腫瘍(SMT)は,その多くが郭清の不要な胃部分切除の適応となり,残胃機能の温存,QOLの維持は重要である.近年は低侵襲性から腹腔鏡下による腫瘍切除が広く行われ,腹腔鏡内視鏡合同手術(LECS)も普及してきている.当科では,過不足のない適切な切除および術後の胃変形回避を両立させるため種々の方法を導入おり,患者毎に異なる腫瘍の占拠部位や大きさ・性状に対し,最も適すると思われる術式を選択している.胃SMTに対する機能温存低侵襲手術として,当科における腹腔鏡下胃部分切除術の術式選択および手術手技について報告・供覧する.
【方法・成績】
胃SMTに対する腹腔鏡下胃部分切除では,腫瘍の占拠部位や大きさに対し,術前シミュレーションを行い最適な手術法を考える必要がある.中心潰瘍が存在する腫瘍は,粘膜の腹腔内露出を避けるようにしている.この意味でNEWSやCLEAN-NETなどのLECSが最適と考える.大きくない管内発育型SMTであれば,NEWSの良い適応と考える.また管外発育型SMTはStaplerによる単純切除が可能と思われる.
内視鏡的摘出が不可能な比較的大きさのある腫瘍にNEWSは不適であるため,CLEAN-NETの手技が必要となる.通常のCLEAN-NETでは内視鏡観察下に粘膜と筋層の固定を行うが,これにより胃壁切除量が増大し術後胃の変形をきたす可能性がある.SMTに対しては腫瘍の位置が腹腔内から確認さえできれば,粘膜筋層の固定は行わずに腫瘍周囲の漿膜筋層切開のみ行うことで,最適な胃壁切除量で最小限の変形で腫瘍切除が可能となる.当科では術中腹腔鏡下超音波検査を併用することで腫瘍の局在を腹腔側から判断することで上記の手術を可能としている.噴門部周囲のSMTは切除後の胃変形から狭窄をきたし通過障害をきたす可能性が高いため,胃壁切除量を減らす事ができる上記術式やNEWSが最適と考えている.
2010年4月から2016年11月までの19例の胃SMTに対し上記の術式選択・手術手技を施行し,全例完全切除で合併症はなかった.また術後の上部消化管造影検査では胃の変形はほぼ無く,食事摂取も良好であった.
【結論】
胃SMTに対する手術は,患者毎に最適な術式を選択し過不足ない胃壁切除を行うことで,根治性を保ちつつ術後胃の機能温存が可能となる.
詳細検索