演題

RS2-99-16-1

術中超音波を利用した腹腔鏡下胃部分切除術

[演者] 村川 力彦:1
[著者] 丹羽 弘貴:1, 和田 秀之:1, 加藤 航平:1, 武藤 潤:1, 市之川 正臣:1, 吉岡 達也:1, 松本 譲:1, 大竹 節之:1, 大野 耕一:1
1:帯広厚生病院 外科

背景:胃粘膜下腫瘍の腹腔鏡手術としては,内科と外科のcollaborationとしてLECSが全盛である.LECSは切除範囲を胃内腔から確認し,切除範囲を最小限とし,胃の機能温存に有用である.しかし,内視鏡の準備,内視鏡施行時の腹腔鏡視野の悪さなどの問題がある.今回我々は切除範囲を最小限とし,機能温存への有用性を担保しつつ,これらの問題点を克服するため,術中超音波検査を用いた腹腔鏡下胃部分切除術を行った.すべて腹腔内からの手技で完結するため,術野および術野外での煩雑さを減らすことができる.
目的;当院で行った術中超音波検査を用いた腹腔鏡下胃部分切除術について検討した.方法:胃粘膜下腫瘍の切除に際して,術中超音波検査を用いて,腫瘍の部位,範囲を同定した.切開開始点は噴門,幽門への遠位側とし,全層切開した後内腔を確認しながら全周に切開し,切除を行った.縫合閉鎖はLECSと同様,支持糸をかけ,自動縫合器あるいは結節縫合にて閉鎖した.
結果:2013年4月より6例に施行.胃粘膜下腫瘍として内腔へ突出し腫瘍を漿膜側から確認できない症例は4例であった.術中エコーにて全症例で腫瘍を確認可能であった.腫瘍断端はすべて陰性であった.狭窄症状を含めた術後合併症を認めなかった.
結語:胃粘膜下腫瘍に対する術中エコーを用いた腹腔鏡下胃部分切除術は安全に行うことが可能である.術中,漿膜側から確認できない内腔発育型では内視鏡合同でなくてもエコーにて病変部位,切離線の設定は可能であった.噴門幽門付近でも反対側から切離することにより適応可能であった.
詳細検索