演題

RS3-164-16-1

非胸腔アプローチによる食道癌根治術 -新たな視野で見えてくる縦隔解剖を踏まえて-

[演者] 東海林 裕:1
[著者] 中島 康晃:1, 川田 研郎:1, 星野 明弘:1, 岡田 卓也:1, 中嶌 雄高:1, 奥田 将史:1, 永井 鑑:1, 秋田 恵一:2, 河野 辰幸:1
1:東京医科歯科大学大学院 消化管外科学, 2:東京医科歯科大学大学院 臨床解剖学

【背景】当科では非胸腔アプローチによる新たな食道癌根治術を一部臨床応用しているが,その際の左右頸部からの気縦隔操作での上縦隔郭清手技をその解剖学的特徴を踏まえて報告する.【手術操作】最初に直視下に右頸部操作を開始して,右反回神経を露出した後に106recRリンパ節郭清を施行する.単孔デバイスを用い気縦隔操作に移行,食道背側を胸管に注意しながら椎前葉から十分に剥離する.一層深く入ると疎な結合織の層となり下行大動脈前面を可及的に剥離できる.右側は縦隔胸膜沿いに剥離するが右迷走神経を同定してその背側を十分に郭清する.腹側は気管膜様部との間を可能な限り尾側まで剥離し,右主気管支からも剥離しておく.可能な場合には気管分岐部を露出して心嚢にまで到達し,107を郭清する.次に直視下に左頸部操作を開始,左反回神経の露出後に単孔デバイスを用い気縦隔操作に移行,106recLを郭清する.左頸部から気管拳上して視野を確保した状態で,右頸部から106tbLを郭清する.また中下縦隔は腹部より経裂孔的に郭清する.再建は腹腔鏡下に胃を授動後,小開腹し胃管を作成し胸骨後経路で頸部吻合としている.【考察】当初,気縦隔操作は左頚部のみで右頸部は直視下で101R,106recR郭清を行っていた.しかし胸腔鏡観察で105,106recR郭清が不十分であることが判明した.そのため右頸部にも気縦隔操作を施行したが,その結果同部位の郭清精度の向上が得られた.左頸部気縦隔操作に加えて右頸部気縦隔操作を行うことで,より精度の高い上縦隔リンパ節郭清が施行可能であり根治術となりえる可能性が示された.
詳細検索