セッション

都市居住が幸福感に与える影響に関する日米比較―一般集団における検討―

[責任発表者] 浅野 良輔:1
1:久留米大学

チームワーク能力が向上するプロセスの検討(1)—構成要素の変化に着目して—

[責任発表者] 太幡 直也:1
1:愛知学院大学

日本語版物語関与尺度作成の試み 回答傾向および信頼性,妥当性の探索的検討

[責任発表者] 小山内 秀和:1
[連名発表者] 小森 めぐみ:2, [連名発表者] 楠見 孝:3
1:浜松学院大学, 2:四天王寺大学, 3:京都大学

友人間における偏見の類似性 イスラム教徒に対する顕在・潜在的態度を用いて

[責任発表者] 波多野 文:1
[連名発表者] 榊 美知子:1,2, [連名発表者] 小宮 あすか:3, [連名発表者] 増田 直紀#:4, [連名発表者] 村山 航#:1,2
1:高知工科大学, 2:レディング大学, 3:広島大学, 4:ブリストル大学

集団主義傾向と他者の態度が排斥の支持に及ぼす影響

[責任発表者] 玉井 颯一:1,2
[連名発表者] 五十嵐 祐:1
1:名古屋大学, 2:日本学術振興会

自尊心と安心さがしと対人関係目標が関係への評価に及ぼす影響

[責任発表者] 長谷川 孝治:1
1:信州大学

潜在連合テストの刺激語に動詞を用いた場合の検討 能動態と受動態の違いに焦点を当てて

[責任発表者] 津田 恭充:1
[連名発表者] 島井 哲志:1
1:関西福祉科学大学

チーム学習による協調の円滑化 認知共有の媒介過程を踏まえて

[責任発表者] 秋保 亮太:1,2
[連名発表者] 山口 裕幸:1
1:九州大学, 2:日本学術振興会

認知症の普及啓発活動の効果測定 -“視点取得(自分が認知症になったとしたら)”にもとづく顕在的イメージ測定尺度を用いた検討-

[責任発表者] 遠藤 忠:1
[連名発表者] 谷田 林士:2, [連名発表者] 岡 隆:3, [連名発表者] 村山 憲男:4, [連名発表者] 蝦名 直美:3, [連名発表者] 下垣 光:5, [連名発表者] 小野寺 敦志:6, [連名発表者] 長嶋 紀一:3
1:長野大学, 2:大正大学, 3:日本大学, 4:北里大学, 5:日本社会事業大学, 6:国際医療福祉大学

SNSの利用と対人関係スキルの関連についての検討

[責任発表者] 植原 玲奈:1
1:淑徳大学

ストーカー・DV・デート暴力被害者の専門機関相談の規定因 相談に関する知識,自己隠蔽,被援助志向性の検討

[責任発表者] 島田 貴仁:1
[連名発表者] 城間 益里:2
1:科学警察研究所, 2:筑波大学大学院

被害者の属性情報が加害行為の解釈に与える影響

[責任発表者] 田中 友理:1
[連名発表者] 唐沢 穣:1
1:名古屋大学

アニメ聖地巡礼者の共感性と来訪頻度が巡礼行動に及ぼす影響 平成25年度神山高校文化祭を事例として

[責任発表者] 雜賀 玲衣:1
[連名発表者] 岡本 健#:2, [連名発表者] 松居 辰則#:1
1:早稲田大学, 2:奈良県立大学

怒り,ツイートし,その果てに—SNS上における社会的共有の効果に関する縦断的調査—

[責任発表者] 藤 桂:1
[連名発表者] 遠藤 寛子:2
1:筑波大学, 2:立正大学

人間関係の親密さと怒りの感情表出

[責任発表者] 上原 俊介:1
[連名発表者] 中川 知宏:2, [連名発表者] 太幡 直也:3, [連名発表者] 鈴木 亮子:1
1:鈴鹿医療科学大学, 2:近畿大学, 3:愛知学院大学

状況志向的友人関係の心理 「使い分け」の広がりの視点から

[責任発表者] 東 春花:1
1:淑徳大学

詳細検索