発表

2D-037

持続的注意に対する妨害刺激のフランカ干渉効果

[責任発表者] 木原 健:1
[連名発表者] 近藤 洋史:2,3, [連名発表者] 寺島 裕貴#:3, [連名発表者] 河原 純一郎:4
1:産業技術総合研究所, 2:中京大学, 3:NTTコミュニケーション科学基礎研究所, 4:北海道大学

目 的
 人間は外部環境に注意を向け続けることができる(持続的注意)。しかし、時間の経過に伴って、外部の情報に対する反応が不正確になったり、反応時間のばらつきが大きくなる。また、マインドワンダリングの発生頻度も高まる。これらは、実行制御機能の低下などによって、外部に向けられる注意資源量が減少することが原因と考えられている(Fortenbaugh, DeGuits, & Esterman, 2017)。ただし、持続的注意が低下した場合に、外部にある目標関連刺激と目標無関連刺激(妨害刺激)に対する注意処理がどのような影響を受けるのか詳細は不明である。これに対して、次の2つの仮説が考えられる。仮説1は、目標関連刺激に対する促進処理が機能不全になるという考えである。仮説2は、妨害刺激に対する抑制処理が機能不全になるという考えである。
 本研究の目的は、上記のどちらの仮説が適切なのか検証することである。そのために、持続的注意の状態を適切に評価できるgradual-onset continuous performance task(gradCPT)に、フランカ干渉効果を持つ妨害刺激を背景として同時呈示する実験をおこなった。もし、持続的注意が低下した場合はgradCPTの成績は悪化すると予測される。このときにフランカ干渉効果と注意状態に交互作用がなければ、gradCPTに対する促進処理は機能不全になったが、妨害刺激への抑制処理には影響がなかったと考えられるため、仮説1が支持される。一方、フランカ干渉効果が増大して注意状態と交互作用が生じれば、背景妨害刺激に対する抑制処理が機能不全になったと考えられるため、仮説2が支持される。

方 法
【参加者】 大学生29人(男性17人、女性12人、平均年齢22歳)が実験に参加した。4試行以上連続して反応が無いなど、課題の遂行が不適切だったと評価された5人のデータを分析対象から除外した。
【方法】 画面中央に連続呈示される円形の白黒風景画像(CPT刺激)に対して、街の風景(出現率90%)ならスペースキーをできるだけ早く押し、山の風景(出現率10%)ならキー押しの抑制を求めた。CPT刺激の背景に、矩形の白黒画像をCPT刺激と同時に呈示した(妨害刺激)。妨害刺激も街もしくは山の風景で、CPT刺激とのカテゴリーの一致率は50%だった。各刺激は800 msの間に徐々に出現・消失した(図1)。全部で600試行(8分間)が呈示された。
【分析】 持続的注意の状態を評価するために、参加者毎に反応時間を正規化し、その中央値より小さい試行を「集中」、大きい試行を「散漫」とした。それぞれの注意状態において、山画像呈示時に誤ってキー押しを実行した抑制失敗率、街画像呈示時に誤ってキー押しを抑制した実行失敗率、およびCPT課題への感度としてd'を求め、CPT刺激と妨害刺激の一致条件と不一致条件で比較した。

結 果
 持続的注意状態の変化例(個人データ)を図2、抑制失敗率、実行失敗率および感度(d')の平均を図3に示す。分散分析の結果、抑制失敗率については、注意状態の主効果(F(1,23) = 17.33, p < .001)およびフランカ干渉の主効果(F(1,23) = 6.48, p < .02)が有意に認められたが、交互作用は認められなかった。一方、実行失敗率については、注意状態の主効果のみが有意に認められた(F(1,23) = 18.51, p < .001)。また、t検定の結果、d'についても注意状態の効果が認められた(t(23) = 2.87, p < .01)。

考 察
結果より、CPT刺激と妨害刺激が不一致の場合は、フランカ干渉効果によって抑制失敗率が増加して課題への感度も低下するが、持続的注意が「集中」状態よりも「散漫」状態の場合にフランカ干渉効果が増大するとは言えないことが示唆された。したがって、持続的注意機能が低下すると、目標関連刺激の処理促進は機能不全になるが、妨害刺激の抑制処理には影響しない(仮説1)と考えられる。

引用文献
Fortenbaugh, F. C., DeGutis, J., & Esterman, M. (2017). Recent theoretical, neural, and clinical advances in sustained attention research. Annals of the New York Academy of Sciences, 1-22.

詳細検索