発表

SS-003

過敏性の神経心理学

[企画代表者、話題提供者、司会者] 小山 慎一:1, [企画者、話題提供者、司会者] 緑川 晶:2, [話題提供者] 井手 正和:3, [話題提供者] 古野 真菜実#:4
1:筑波大学, 2:中央大学, 3:国立障害者リハビリテーションセンター研究所, 4:千葉大学

神経心理学は脳損傷患者にみられる症状を通じてヒトの認知機能の解明を目指す学問領域であり,近年は脳機能イメージング研究とも融合し発展を続けている。神経心理学の多くの研究事例では脳損傷に伴う心理機能の低下に焦点があてられているが,光過敏性てんかんの研究のように知覚の過敏性と脳機能の過剰な亢進の関係を探ることよって脳と心の関係の理解を深めてきた研究も存在する。本シンポジウムでは自閉症スペクトラム障害(Autism-Spectrum Disorders:ASD)における感覚過敏(井手),認知症における過敏性(緑川),片頭痛における運動視の過敏性(小山),およびトライポフォビア・集合体恐怖症(古野)について紹介するとともに,これらの症状を生み出す脳内メカニズムおよび脳と心の関係について心理学・脳科学の視点からディスカッションする予定である。
詳細検索