発表

1D-072

遅延価値割引課題における衝動的選択とインターネット依存との関連—大学生のADHD傾向に関する検討—

[責任発表者] 麦島 剛:1
[連名発表者] 中山 奈菜美:1, [連名発表者] 永井 友幸:2, [連名発表者] 久保 浩明:3
1:福岡県立大学, 2:福岡教育大学, 3:九州大学

緒言
 インターネット依存度テスト(Young, 1998)を用いた調査では,依存傾向が高い者の割合は日本国内で8.2%であり,中でも10-20歳代は13.1%に上っている(総務省, 2014)。注意欠陥・多動性障害(ADHD)は,衝動性,多動性及び不注意を主症状とする発達障害である。若年のアルコール依存者の19%は児童期にADHDを持っていること(鈴木・武田, 2001)や,ADHD者はインターネット依存傾向が高いこと(Yoo et al., 2004)等,各種依存症との関連が指摘されている。ネット依存やゲーム依存は,ADHDの二次障害として捉えられている(村上, 2017)。インターネットへの嗜癖をもつ者はそうでない者より衝動性が高く(高橋, 2016),アルコール依存症やADHDなどの衝動性を特徴とする患者は遅延報酬の価値をより小さく見積もる(小野田他, 2009)。
 Evenden(1999)は,衝動性が表出される実験パラダイムとして,「準備」,「実行」,「結果」に関する衝動性の3つを提案し,「結果」に関する衝動的行動には,「報酬遅延パラダイム」が利用できるとした。その中で,「即時小報酬(sooner smaller reward; SS)」と「遅延大報酬(later-larger reward; LL)」の二者択一において前者を選ぶことは衝動的選択,後者を選ぶことはセルフコントロール選択とされている(Ainslie, 1974,1975; Rachlin & Green, 1972; Chelonis & Logue, 1997)。
以上より,インターネット依存傾向が高い者は遅延価値割引課題において衝動的選択をする傾向にある可能性がある。そこで,インターネット依存傾向とADHD傾向,遅延価値割引課題における衝動的選択をする傾向の関連性を検討した。
方法
実験参加者:大学生32名(男性8名,女性24名)。
手続き:成人期ADHD自己記入式症状チェックリスト(ASRS-v1.1),インターネット依存度テスト(Young,1998/久里浜医療センターTIAR訳),斎藤(2013)を参考に作成した遅延価値割引課題を実施した。このうち前者二つは質問紙への回答してもらった。
遅延価値割引課題は,呈示されたスライド画面を見ながら,実験参加者にAとBから選択してもらう課題によった。Aは1000~10000円の10段階を遅延条件ごとにランダム呈示された即時報酬,Bは1日,1週間,1ヶ月,6ヶ月,1年,5年の6段階の遅延時間後に10000円がもらえる遅延報酬である。課題は60問で構成された。さらに,各々の遅延時間条件で即時報酬(A)と遅延報酬(B)間の選択切替が生じた即時報酬量の平均値を算出,それを主観的等価点とし,そこから横軸が遅延時間(日数),縦軸が報酬量(金額)のグラフを作成し,曲線下面積(area under the curve; AUC)を算出して衝動的選択(割引率)の指標とした(Myerson et al., 2001)。これが低いほど衝動性が高いことを示す。
ADHD自己記入式症状チェックリストは,質問への回答を0~4または0~5点に点数化した。さらに,一日におけるパソコン,携帯端末,オンラインゲーム機の1日平均の利用時間を回答してもらった。遅延価値割引課題のAUC,ADHD傾向,インターネット依存度及びインターネット利用時間の4変数のうち各2変数間の相関について,回帰分析を行った。また,各変数につき,関連を見たい他の一変数の高得点者と低得点者の間でt検定を行った。ここでは女性は上位1/4を高得点者,下位1/4を低得点者とし,男性は上位1/2を高得点者,下位1/2を低得点者とした。
結果
女子学生では遅延価値割引課題における衝動的選択傾向が高いほどインターネット利用時間が有意に長い(p<.05)一方(図1),男子には両者の関連性は見られえなかった。男子学生ではADHD傾向が高いほどインターネット依存傾向が有意に高かった(p<.05)が,女子には関連性が認められなかった。女子学生では遅延価値割引課題における衝動的選択傾向高位群のほうがADHD傾向が有意に高かった(p<.05)が,男子では関連性は認められなかった。
考察
 遅延価値割引課題における衝動的選択傾向が高いほどネット利用時間が長いことが女子学生に見られたことは,ネット依存の行動特性を行動分析学とりわけ行動経済学的に検討できる可能性を示唆している。我々はこれまでに,ADHDモデル動物として提唱したELマウスを用いて,1)この系統が対照系統に比べて,報酬量よりも遅延時間を重視し,衝動的選択(SS選択)を行うこと,2)環境の明瞭度が高まれば衝動的反応が低下すること,3)ADHD治療薬atomoxetineがELマウスの衝動的反応を低下させること等を明らかにしてきた(麦島, 2014等)。つまりADHDの応用行動分析の精緻化と,応用行動分析と薬物療法の関連性を検討する可能性を示してきた。今回の結果は,インターネット依存への行動分析学的応用の精緻化の糸口になるかもしれない。一方で,インターネット依存傾向については,男子学生でADHD傾向との関連が見られたものの,衝動的選択傾向との間には男女とも関連性が見られなかったことは,さらなる検討が必要であろう。また今回の結果からはネット依存とADHD傾向等との関連に性差が存在している可能性もあり,興味深い。男子学生の標本数がやや不十分であるので,今後の検討課題といえる。さらにはADHD者での検討も今後に期待される。

詳細検索