セッション

一般研究発表(ポスター)

組織の法的責任に関する判断 —心理的本質主義と意図性認知の影響—

[責任発表者] 應治 麻美:1
[連名発表者] 塚本 早織:1, [連名発表者] 唐沢 穣:1
1:名古屋大学

地下鉄サリン事件直後の体験別にみた被害者の諸症状 −地下鉄サリン事件被害者・家族の心理(3)−

[責任発表者] 髙橋 幸子:1
[連名発表者] 仲嶺 真:2, [連名発表者] 小林 麻衣子#:2, [連名発表者] 藤田 浩之:3, [連名発表者] 松井 豊:2
1:東洋大学 21世紀ヒューマン・インタラクション・リサーチ・センター, 2:筑波大学, 3:日本放送協会

地下鉄サリン事件被害者の心的外傷性ストレス症状の規定要因

[責任発表者] 仲嶺 真:1
[連名発表者] 小林 麻衣子#:1, [連名発表者] 藤田 浩之:2, [連名発表者] 髙橋 幸子:3, [連名発表者] 松井 豊:1
1:筑波大学, 2:日本放送協会, 3:東洋大学HIRC21

大学における就職困難学生支援の実態と課題−大学キャリアセンターへのインタビュー調査に基づく検討−

[責任発表者] 深町 珠由:1
1:労働政策研究・研修機構

互恵性の違いがメールやSNSを介したコミュニケーションに及ぼす影響

[責任発表者] 小幡 直弘:1
1:北海道大学

勘定が感情的な意思決定に与える影響—独裁者ゲームと最後通牒ゲームにおける意思決定に対するコストの大きさの影響に着目して—

[責任発表者] 瀧本 彩加:1,2,3
[連名発表者] 三船 恒裕:4, [連名発表者] 齋藤 慈子:2,5, [連名発表者] 長谷川 寿一:2
1:北海道大学, 2:東京大学, 3:日本学術振興会, 4:高知工科大学, 5:武蔵野大学

親密な関係における異性に対する感情と孤独感との関連

[責任発表者] 胡 琴菊:1
1:愛知淑徳大学

高校生のキャリア形成における希望の働き方

[責任発表者] 五十嵐 敦:1
1:福島大学総合教育研究センター

適応論的視点にもとづく独立性と協調性の日米差の検討

[責任発表者] 橋本 博文:1
[連名発表者] 山岸 俊男:2
1:安田女子大学, 2:一橋大学

節電行動のプライミング効果を減弱させる調整変数の検討

[責任発表者] 大友 章司:1
1:甲南女子大学

認知的負荷が嘘の表出に及ぼす影響 アイコンタクトによる偽装のサインの表出

[責任発表者] 大谷 友希絵:1
[連名発表者] 越智 啓太:1
1:法政大学

サクセスフル・サイコパスへの第一の条件−日本語版Self-Report Psychopathy Scale短縮版の開発を通して−

[責任発表者] 柳田 宗孝:1
[連名発表者] 荒井 崇史:2, [連名発表者] 藤 桂:3
1:横浜家庭裁判所, 2:追手門学院大学 , 3:筑波大学 

大学生の友人における自己開示が行われる関係性——自己開示の深さ・友人の親しさ・主観的類似度・信頼感・好意度に着目して

[責任発表者] 曽我部 裕介:1
[連名発表者] 伊藤 拓:2, [連名発表者] 小関 俊祐:1
1:桜美林大学, 2:明治学院大学

親密な人間関係における怒り表出とその効果

[責任発表者] 上原 俊介:1
[連名発表者] 田村 達:2, [連名発表者] 中川 知宏:3
1:東北大学, 2:岩手県立大学, 3:近畿大学

解釈レベルと提示メディアが記述的規範の意味理解に及ぼす影響

[責任発表者] 尾崎 拓:1,2
1:同志社大学, 2:日本学術振興会

他者意識が作り笑い反応に及ぼす影響

[責任発表者] 山田 野乃花:1
[連名発表者] 遠藤 歩:2
1:同朋大学, 2:鈴鹿医療科学大学

対人葛藤の解決方略と将来の職場での対人関係に対する自己効力

[責任発表者] 辻川 典文:1
[連名発表者] 冨田 絵美#:2
1:神戸親和女子大学, 2:小野市役所

感謝感情と心理的負債に及ぼす「利益の評価」と「知覚された応答性」の影響

[責任発表者] 吉野 優香:1
[連名発表者] 相川 充:1
1:筑波大学

感謝に対する潜在的・顕在的態度と社会的迷惑行為との関連

[責任発表者] 友野 聡子:1
1:宮城学院女子大学

隣国に対する民族イメージと文化交流期待との関係性 —社会階層変数を導入した検討—

[責任発表者] 潮村 公弘:1
1:フェリス女学院大学

Twitterにおける情報伝達の特徴に関する探索的研究 —ステレオタイプ関連性と言語的抽象度に注目して—

[責任発表者] 田中 友理:1
[連名発表者] 宮本 聡介:2
1:名古屋大学, 2:明治学院大学

選択肢の絞り込みに用いる決定方略が意思決定に与える影響 — コンピュータ・シミュレーションを用いて —

[責任発表者] 原口 僚平:1
[連名発表者] 竹村 和久:2, [連名発表者] 玉利 祐樹:3
1:早稲田大学, 2:早稲田大学文学学術院, 3:東京大学医学部附属病院

マインドリーディングにおけるバイアス生起メカニズムの検討

[責任発表者] 佐藤 賢輔:1
1:共愛学園前橋国際大学

Ideal affect in two collectivistic cultures through cultural products: Cross-cultural study in Japan and Brazil

[責任発表者] Igor Almeida:1
[連名発表者] 内田 由紀子:1,2
1:Kyoto University, 2:Kokoro Research Center, Kyoto University

Cultural differences in emotional construals of awe: A positive emotion in America, but with elements of fear in Japan

[責任発表者] Pamela Taylor:1
[連名発表者] 内田 由紀子:2
1:Kyoto University, 2:Kokoro Research Center, Kyoto University

詳細検索
アプリバナー iPhone版,iPad版 Android版