セッション

一般研究発表(ポスター)

高齢者の絵本の読み聞かせボランティア活動と認知機能:(7)追跡7年目の加齢変化の検討

[責任発表者] 佐久間 尚子:1
[連名発表者] 鈴木 宏幸:1, [連名発表者] 大神 優子:2, [連名発表者] 大塚 紫乃:3, [連名発表者] 齋藤 有:4
1:東京都健康長寿医療センター研究所, 2:和洋女子大学, 3:江戸川大学, 4:聖徳大学

高齢者の絵本の読み聞かせボランティア活動と認知機能:(8)昔話の語りの発話量と情報量

[責任発表者] 大塚 紫乃:1
[連名発表者] 齋藤 有:2, [連名発表者] 鈴木 宏幸:3, [連名発表者] 佐久間 尚子:3
1:江戸川大学, 2:聖徳大学, 3:東京都健康長寿医療センター研究所

高齢者の絵本の読み聞かせボランティア活動と認知機能:(9)昔話の語りの系列分析

[責任発表者] 齋藤 有:1
[連名発表者] 大塚 紫乃:2, [連名発表者] 鈴木 宏幸:3, [連名発表者] 佐久間 尚子:3
1:聖徳大学, 2:江戸川大学, 3:東京都健康長寿医療センター研究所

高齢者の絵本の読み聞かせボランティア活動と認知機能:(10)語想起課題の生成時間に着目した7年間の加齢変化の検討

[責任発表者] 鈴木 宏幸:1
[連名発表者] 小川 将:2, [連名発表者] 大神 優子:3, [連名発表者] 大塚 紫乃:4, [連名発表者] 齋藤 有:5, [連名発表者] 佐久間 尚子:1
1:東京都健康長寿医療センター研究所, 2:中央大学, 3:和洋女子大学, 4:江戸川大学, 5:聖徳大学

コンフリクト解決のダイナミクス−ストループ課題を使って−

[責任発表者] 芦高 勇気:1
[連名発表者] 嶋田 博行:1, [連名発表者] 箱田 裕司:2
1:神戸大学, 2:京都女子大学

認知コントロールの高齢者と大学生の比較: コンフリクト適応効果を指標として

[責任発表者] 嶋田 博行:1
[連名発表者] 芦高 勇気:1
1:神戸大学

髪色と長さが第一印象に及ぼす影響

[責任発表者] 森岡 陽介:1
1:聖カタリナ大学

望まない思考の抑制に与える未来および過去の代替思考の影響

[責任発表者] 小野 史典:1
[連名発表者] 大濱 知佳:2
1:山口大学, 2:山口県精神保健福祉センター

ゴール指向的行動における前頭葉運動関連領野の機能分化

[責任発表者] 中山 義久:1,2
1:東京都医学総合研究所, 2:玉川大学脳科学研究所

視覚的統計学習の視野差に関する検討

[責任発表者] 多賀 禎:1
[連名発表者] 吉崎 一人:2, [連名発表者] 加藤 公子:2
1:名古屋大学, 2:愛知淑徳大学

意味カテゴリー化に関する神経機構

[責任発表者] 松本 敦:1
[連名発表者] 曽雌 崇弘#:1, [連名発表者] 藤巻 則夫#:1, [連名発表者] 井原 綾#:1
1:情報通信研究機構

6歳児における既知顔認知の処理

[責任発表者] 大山 摩希子:1
1:関西福祉大学

あくびの伝染しやすさと気質・性格

[責任発表者] 大原 貴弘:1
1:いわき明星大学

パレイドリアを誘発する刺激は注意を捕捉するか?

[責任発表者] 在原 克彦:1
[連名発表者] 有賀 敦紀:1
1:立正大学

把持方法を熟知していない対象の把持について

[責任発表者] 多田 美香里:1
1:関西福祉科学大学

他者の心的状態の推測における性格情報の利用

[責任発表者] 福田 春奈:1
[連名発表者] 寺澤 悠理:1, [連名発表者] 梅田 聡:1
1:慶応義塾大学

三次元物体景観の能動的観察が脳活動に与える影響:fMRI研究

[責任発表者] 笹岡 貴史:1
1:広島大学

共同行為者による反応履歴が後続の反応に及ぼす影響

[責任発表者] 西村 聡生:1
1:安田女子大学

前頭前野の機能的階層構造とワーキングメモリ容量の個人差

[責任発表者] 源 健宏:1,4
[連名発表者] 矢追 健:2, [連名発表者] 苧阪 満里子:3, [連名発表者] 苧阪 直行:2
1:情報通信研究機構(脳情報通信融合研究センター), 2:京都大学, 3:大阪大学, 4:日本学術振興会

投影法課題実行時における性格傾向を反映した神経基盤

[責任発表者] 齋藤 大輔:1,2,3
[連名発表者] 内海 千種:4, [連名発表者] 相澤 直樹:5, [連名発表者] 牧田 潔:6, [連名発表者] 中村 有吾:7, [連名発表者] 石橋 正浩:7
1:福井大学, 2:連合小児発達学研究科 福井校, 3:福井大学高エネルギー医学研究センター, 4:徳島大学, 5:神戸大学, 6:愛知学院大学, 7:大阪教育大学

空間的に広がりがあるオブジェクトのトラッキングにおいて参照点検出がトラッキング運動に与える影響

[責任発表者] 上田 彩子:1
[連名発表者] 中島 亮一:1, [連名発表者] 井関 龍太:1, [連名発表者] 岩井 律子:1, [連名発表者] 熊田 孝恒:1,2
1:理化学研究所, 2:京都大学

マインドワンリング中の未来の計画は行動を促進するか?

[責任発表者] 金城 勝大:1
[連名発表者] 伊藤 義徳:2, [連名発表者] 富家 直明:1
1:北海道医療大学, 2:琉球大学

詳細検索
アプリバナー iPhone版,iPad版 Android版