発表

一般研究発表(ポスター)
1AM-097

成功経験・失敗経験に対する自伝的推論

[責任発表者] 佐藤 浩一:1
1:群馬大学

目 的
過去経験を現在の自己とつなげて意味づける自伝的推論の過程が,経験の感情価や世代によって影響されるのか検討する。あわせて自伝的推論と自伝的記憶の機能,回想頻度,時間的展望との関連を検討する。
方 法
参加者 19〜20歳代35名(以下「20歳代」,平均20.4歳,男性6名,女性29名),30歳代71名(平均34.0歳,男性29名,女性42名),40歳代71名(平均43.9歳,男性26名,女性45名),50歳代68名(平均53.5歳,男性38名,女性30名)の,計245名であった。
手続き 講義や講習会等で質問紙を配布し,回答を求めた。参加者は過去1〜2年以内に経験した成功経験と失敗経験を一つずつ想起し,具体的な内容を記述した。そしてそれぞれについて,自伝的推論に関する26項目,鮮明度,詳細度,当時の感情,現在の感情を問う各1項目に回答した。続いて日頃の回想頻度を問う2項目と,回想機能を問う日本版TALE尺度(落合ら, 2013)に回答した。また206名の参加者は時間的展望を問う日本版ZTPI(下島ら, 2012)にも回答した。
結 果
 自伝的推論の因子構造 成功経験に対する自伝的推論への回答について,床効果を示した1項目を除く25項目で,主成分解を初期解としてプロマックス回転を行い,5因子解を採択した。5因子で全分散の68.0%が説明された。抽出された因子は以下の通りである。(1)影響因子(12項目,α=.934,例:この出来事は物事に対する私の考え方や感じ方に強く影響した),(2)リハーサル因子(4項目,α=.888,例:この出来事が起こった当時そのことが気になってしかたなかった),(3)自己因子(5項目,α=.771,例:この出来事はその当時の私を非常によく表している),(4)重要因子(2項目,α=.869,例:この出来事は重要であると確かに思う),(5)関連性因子(2項目,α=.564,例:この出来事と関連する他の出来事をはっきり思い出せる)。
 尺度間の相関 自伝的推論5因子とZTPI5因子(過去否定,過去肯定,未来,現在快楽,現在運命),回想頻度,TALE3因子(自己継続,行動方向づけ,社会的結合)との相関を検討した。いずれも弱い相関しか認められなかった(ZTPI5因子:-.219〜.302,回想頻度:.057〜.287,TALE:.067〜.273)。
 成功・失敗経験と世代による自伝的推論・鮮明度・詳細度・感情強度の違い 自伝的推論5因子,鮮明度,詳細度,当時の感情強度,現在の感情強度の平均評定(表1)について,経験(成功・失敗)×世代の分散分析を行った。自己因子と詳細度を除く全てで,経験の主効果が有意であった。成功経験は失敗経験に比べると,当時も現在も強い感情を伴っており,鮮明に想起され,活発な自伝的推論を引き起こしていた。ただしリハーサル因子だけは,失敗経験が成功経験よりも有意に高かった。世代の主効果は鮮明度と詳細度で有意であり,50歳代が20歳代よりも鮮明かつ詳細に想起していた。経験×世代の交互作用は,影響因子と自己因子で有意であった。これは経験の効果が一部の世代のみでしか見られなかったことによる。
TALEと回想頻度の世代差 TALE3因子と回想頻度それぞれの評定平均(表2)が世代により異なるか,1要因分散分析で検討した。TALE3因子の全てにおいて世代の効果が有意であり,下位検定の結果,3因子のいずれでも20歳代が50歳代よりも高かった。回想頻度も世代の効果が有意で,20歳代・40歳代が50歳代より高かった。
考 察
 成功経験は失敗経験に比べると,リハーサルされることは少ないが,強い感情を伴って鮮明に想起され,活発な自伝的推論を引き起こしていた。このことは,否定的な経験に比べると肯定的な経験の方が,自己と結び付けて認識されやすいことを示唆している。またTALEによると若い世代の方が過去経験を思い出すことが多かったが,自伝的推論では世代の効果は僅かであった。自伝的推論とTALEとの相関も弱かった。TALEは「〜〜したいときに人生を振り返る」頻度を問う尺度である。特定の出来事に対する自伝的推論の強さは,TALEにより測定される想起頻度とは独立であると示唆される。

引用文献
落合勉・小口孝司 (2013). 日本語版TALE尺度の作成および信頼性と妥当性の検討 心理学研究, 84, 508-514.
下島裕美・佐藤浩一・越智啓太 (2012). 日本版Zimbardo Time Perspective Inventory (ZTPI) の因子構造の検討 パーソナリティ心理学研究, 21, 74-83.
※本研究はJSPS科研費25380870の助成を受けた。

詳細検索
アプリバナー iPhone版,iPad版 Android版